ニュース

SAKEROCKの最新作『ホニャララ』は、CDの歴史を変えるスペシャルパッケージに

サケロックが11月5日にリリースする3rdアルバム『ホニャララ』の特設サイトが開設され、そのアルバムパッケージに注目が集まっている。

同作には、『ホニャララの本』と名付けられた44ページにも及ぶ本が同梱されており、写真家、梅佳代がサケロックに1日密着して撮影した「サケロックのグラビア」や、「ほぼ日の味写!」などでもおなじみ天久聖一による「サケロックインタビュー」、漫画家の小田扉によるマンガ『サケロック』、サケロックが結成当初からお世話になっているというライター松永良平による昔話を交えたライナーノーツ、メンバーによる楽曲解説を掲載。

そしてキラーコンテンツとも言える『ホニャララの対談』は、「サケロックのメンバーが、それぞれ話したい人と、ただ話をしている対談集」になっており、リーダーの星野源と細野晴臣(ミュージシャン)、ドラムの伊藤大地と深田有一(グラフィックデザイナー)、ベースの田中馨と小宮俊海(お坊さん)、トロンボーンの浜野謙太と堂前雅史(和光大学教授)という4つの対談が収録されているとのことだ。

CDが売れない時代だからこそ豪華CD特典が世を賑わせているが、音楽レーベル「カクバリズム」とサケロックによる『ホニャララの本』は、新しいCDパッケージの在り方を提示した驚くべき内容と言えるだろう。

10月23日には特設サイトにて全国ツアーの情報も発表されるとのこと。

SAKEROCK
『ホニャララ』
2008年11月5日発売
価格:2,730円(税込)
DDCK-1013 カクバリズム 

1. 会社員
2. 菌
3. ホニャララ
4. 老夫婦
5. 餞(はなむけ)
6. やおや
7. 最北端
8. 千のナイフと妖怪道中記
9. におい
10. 灰空(はいから)
11. 今の私
12. エブリデイ・モーニン

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い