ニュース

SAKEROCKの最新作『ホニャララ』は、CDの歴史を変えるスペシャルパッケージに

サケロックが11月5日にリリースする3rdアルバム『ホニャララ』の特設サイトが開設され、そのアルバムパッケージに注目が集まっている。

同作には、『ホニャララの本』と名付けられた44ページにも及ぶ本が同梱されており、写真家、梅佳代がサケロックに1日密着して撮影した「サケロックのグラビア」や、「ほぼ日の味写!」などでもおなじみ天久聖一による「サケロックインタビュー」、漫画家の小田扉によるマンガ『サケロック』、サケロックが結成当初からお世話になっているというライター松永良平による昔話を交えたライナーノーツ、メンバーによる楽曲解説を掲載。

そしてキラーコンテンツとも言える『ホニャララの対談』は、「サケロックのメンバーが、それぞれ話したい人と、ただ話をしている対談集」になっており、リーダーの星野源と細野晴臣(ミュージシャン)、ドラムの伊藤大地と深田有一(グラフィックデザイナー)、ベースの田中馨と小宮俊海(お坊さん)、トロンボーンの浜野謙太と堂前雅史(和光大学教授)という4つの対談が収録されているとのことだ。

CDが売れない時代だからこそ豪華CD特典が世を賑わせているが、音楽レーベル「カクバリズム」とサケロックによる『ホニャララの本』は、新しいCDパッケージの在り方を提示した驚くべき内容と言えるだろう。

10月23日には特設サイトにて全国ツアーの情報も発表されるとのこと。

SAKEROCK
『ホニャララ』
2008年11月5日発売
価格:2,730円(税込)
DDCK-1013 カクバリズム 

1. 会社員
2. 菌
3. ホニャララ
4. 老夫婦
5. 餞(はなむけ)
6. やおや
7. 最北端
8. 千のナイフと妖怪道中記
9. におい
10. 灰空(はいから)
11. 今の私
12. エブリデイ・モーニン

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 1

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  2. BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた 2

    BiSHの熱気に、世間や会場キャパがようやく追いついてきた

  3. シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』 権力に対峙する記者描く 3

    シム・ウンギョン×松坂桃李W主演『新聞記者』 権力に対峙する記者描く

  4. 神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』主題歌はONE OK ROCK、新予告も 4

    神木隆之介×有村架純『フォルトゥナの瞳』主題歌はONE OK ROCK、新予告も

  5. MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知が雨中でパフォーマンス“Rain Dance”PV公開 5

    MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知が雨中でパフォーマンス“Rain Dance”PV公開

  6. 星野源の新AL特典映像『ニセ明と、仲間たち』に宮野真守&ハマ・オカモト 6

    星野源の新AL特典映像『ニセ明と、仲間たち』に宮野真守&ハマ・オカモト

  7. 深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う 7

    深川麻衣×今泉力哉 お互いの「初恋」や「初挑戦」を語り合う

  8. 映画『惡の華』春日役に伊藤健太郎、仲村役に玉城ティナ 飯豊まりえも出演 8

    映画『惡の華』春日役に伊藤健太郎、仲村役に玉城ティナ 飯豊まりえも出演

  9. IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ 9

    IZ*ONEが『FNS歌謡祭』で初歌唱 宮脇咲良ら擁する日韓合同グループ

  10. アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示 10

    アカデミー映画博物館が2019年開館 宮崎駿の大規模展やチームラボの展示