ニュース

SAKEROCKの最新作『ホニャララ』は、CDの歴史を変えるスペシャルパッケージに

サケロックが11月5日にリリースする3rdアルバム『ホニャララ』の特設サイトが開設され、そのアルバムパッケージに注目が集まっている。

同作には、『ホニャララの本』と名付けられた44ページにも及ぶ本が同梱されており、写真家、梅佳代がサケロックに1日密着して撮影した「サケロックのグラビア」や、「ほぼ日の味写!」などでもおなじみ天久聖一による「サケロックインタビュー」、漫画家の小田扉によるマンガ『サケロック』、サケロックが結成当初からお世話になっているというライター松永良平による昔話を交えたライナーノーツ、メンバーによる楽曲解説を掲載。

そしてキラーコンテンツとも言える『ホニャララの対談』は、「サケロックのメンバーが、それぞれ話したい人と、ただ話をしている対談集」になっており、リーダーの星野源と細野晴臣(ミュージシャン)、ドラムの伊藤大地と深田有一(グラフィックデザイナー)、ベースの田中馨と小宮俊海(お坊さん)、トロンボーンの浜野謙太と堂前雅史(和光大学教授)という4つの対談が収録されているとのことだ。

CDが売れない時代だからこそ豪華CD特典が世を賑わせているが、音楽レーベル「カクバリズム」とサケロックによる『ホニャララの本』は、新しいCDパッケージの在り方を提示した驚くべき内容と言えるだろう。

10月23日には特設サイトにて全国ツアーの情報も発表されるとのこと。

SAKEROCK
『ホニャララ』
2008年11月5日発売
価格:2,730円(税込)
DDCK-1013 カクバリズム 

1. 会社員
2. 菌
3. ホニャララ
4. 老夫婦
5. 餞(はなむけ)
6. やおや
7. 最北端
8. 千のナイフと妖怪道中記
9. におい
10. 灰空(はいから)
11. 今の私
12. エブリデイ・モーニン

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図