ニュース

スティーヴン・キング原作、宿泊者全員死亡の部屋を描く恐怖映画『1408号室』

スティーヴン・キング原作による恐怖映画『1408号室』が、11月22日より渋谷東急ほか全国でロードショーされる。

マイク・エンズリン(ジョン・キューザック)は、自分の目で見たものしか信じないオカルト作家。「ドルフィンホテルの1408号室に宿泊した56人の客がすべて死亡した」という事実を突き止めた彼は、支配人(サミュエル・L・ジャクソン)の忠告を無視し、1408号室の扉を開けるのだが…。

「あの『シャイニング』が霞んで見えるほど…」とのコメントも寄せられている本作。その完成度は世界中のメディアやキングファンが絶賛しているとのことだが、メジャー系の映画や恐怖映画が苦手という人も、偉大な巨匠が残した痕跡に触れる意味で、通過しておいて損はない作品だ。

ちなみに全米ではあの『グリーンマイル』や『ミスト』『ショーシャンクの空に』などのキング映画を越え、歴代No.1の興行収入を樹立しており、日本にはまさに鳴り物入りでやってくる案配だ。

『1408号室』

2008年11月22日(土)より、渋谷東急ほか全国拡大ロードショー

監督:ミカエル・ハフストローム
原作:スティーヴン・キング

キャスト:
ジョン・キューザック
サミュエル・L・ジャクソン
メアリー・マコーマック

2007年/アメリカ/カラー/107分/シネマスコープ/ドルビーデジタル/SRD/SDDS
配給:ムービーアイ

(画像:© 2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved.)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー