ニュース

スティーヴン・キング原作、宿泊者全員死亡の部屋を描く恐怖映画『1408号室』

スティーヴン・キング原作による恐怖映画『1408号室』が、11月22日より渋谷東急ほか全国でロードショーされる。

マイク・エンズリン(ジョン・キューザック)は、自分の目で見たものしか信じないオカルト作家。「ドルフィンホテルの1408号室に宿泊した56人の客がすべて死亡した」という事実を突き止めた彼は、支配人(サミュエル・L・ジャクソン)の忠告を無視し、1408号室の扉を開けるのだが…。

「あの『シャイニング』が霞んで見えるほど…」とのコメントも寄せられている本作。その完成度は世界中のメディアやキングファンが絶賛しているとのことだが、メジャー系の映画や恐怖映画が苦手という人も、偉大な巨匠が残した痕跡に触れる意味で、通過しておいて損はない作品だ。

ちなみに全米ではあの『グリーンマイル』や『ミスト』『ショーシャンクの空に』などのキング映画を越え、歴代No.1の興行収入を樹立しており、日本にはまさに鳴り物入りでやってくる案配だ。

『1408号室』

2008年11月22日(土)より、渋谷東急ほか全国拡大ロードショー

監督:ミカエル・ハフストローム
原作:スティーヴン・キング

キャスト:
ジョン・キューザック
サミュエル・L・ジャクソン
メアリー・マコーマック

2007年/アメリカ/カラー/107分/シネマスコープ/ドルビーデジタル/SRD/SDDS
配給:ムービーアイ

(画像:© 2007 The Weinstein Company, LLC. All rights reserved.)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開