ニュース

総合プロデューサーにいとうせいこう、第1回『したまちコメディ映画祭in台東』

これまでの首都圏の映画祭にはない住民参加型の映画祭を目指すイベント、第1回『したまちコメディ映画祭』が、今月21日から24日まで開催される。

同イベントは「映画(Cinema)」「したまち(Old town)」「笑い(Comedy)」という3つの要素を掛け合わせ、映画人、喜劇人の作り手だけではなく、地元の映画・喜劇を愛する観客が一体となって開催されるもの。

会場は喜劇人を多く輩出した上野、浅草。上映作品は新・旧作品を織り交ぜたラインナップとなっており、映画祭をより楽しむためのコメディ映画講義と題したトークイベントも開催される。

みうらじゅんと総合プロデューサー・いとうせいこうによるトークライブや、高田文夫と小林のり一による「三木のり平特集」講義、そして『メリーに首ったけ』などの人気ハリウッド映画監督ファレリー兄弟が、新作『ライラにお手上げ』を引っさげ来日するなど、豪華ゲストと共に楽しむことができる企画が目白押しだ。

浅草、喜劇といえば「寅さん」だが、今回は渥美清が寅さんになる前の喜劇役者・渥美清の作品を3本上映するほか、日本を代表する浅草・上野発の芸能人、小沢昭一にコメディ栄誉賞を授与。自らがセレクションした3本を上映。また、映画上映だけでなく、明日のスターを目指す芸人達のバトル『若手芸人オーディション ~したコメお笑い幕間アワード2008への道~』も開催されるなど、コメディの町、浅草・上野が日本初の本格的国際コメディ映画祭で更に活気に溢れるだろう。

第1回『したまちコメディ映画祭in台東』

2008年11月21日(金)~24日(月・祝)
会場:浅草公会堂、浅草中映劇場、浅草パークホール、雷門・仲見世・浅草寺、ROX3スーパーマルチコート、六区ブロードウェイ、東京国立博物館・平成館、上野恩賜公園

(画像:©「したまちコメディ映画祭in台東」実行委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開