ニュース

新年早々踊って騒いでしんみりして首をひねる3日間、『円盤ジャンボリー』2009冬

喫茶店でありCDショップでもあり、イベントスペースでもある、特定の営業形態を持たない特殊空間として知られる高円寺の『円盤』が、半年に1回のペースで行うお祭りイベント『円盤ジャンボリー』冬の陣が、2009年1月9日(金)から11日(日)までの3日間に渡って渋谷O-nestにて開催される。

『円盤ジャンボリー』(略して円ジャン)は、円盤ゆかり、または円盤が興味を持った様々なジャンルのアーティストが有名無名(ほとんどが無名)問わずに入り乱れるイベント。会場は2フロアに分かれており、夕方17:00から同時進行で数多くのアーティストを見て回ることのできるショウケース的な構成となっている。

前回は5周年SPECIAL versionでお馴染みの顔が勢揃いしたが、『円ジャン』の醍醐味は新たな発見・出会いということで、10日、11日の5階ライブフロア出演者は全て新顔。「未来が詰まった別世界への入り口」を人選のテーマに、今回は来場者の好奇心頼りの原点回帰であり挑戦的なイベントだ。

9日(金)には毎回初日に行っている特別企画として、近年ではd.v.dでの活動が活発な音楽家&ドラマー・イトケンのライブが決定。10日、11日は両日共に16:00より5階ライブフロアにてライブ、6階ラウンジフロアでは現在円盤店内を熱くさせているトーナメント・フード・バトル『円盤カレー道場』の決勝戦、大バザーを開催。3日間の出演者の中古楽器、CD、本、さらに特別出店もある。さらにその食事や買い物を楽しむフロアのBGMや公開ラジオ放送を豪華メンツでお届け予定。

ニューカマーたちの今後を夢想し、ベテラン新ユニットの発想の自由さを堪能できるイベントとなるだろう。公式サイトでは「新年早々、踊ったり騒いだりしんみりしたり首ひねったり感心したり呆れたりの3日間をよろしくお願いいたします!」とコメントされている。

『円盤ジャンボリー』

2009年1月9日(金)~1月11日(日)
会場:渋谷O-nest

料金:
前売2,000円 当日2,500円 通し券5,000円(いずれもドリンク別)
チケットは円盤(03-5306-2937)、渋谷O-nest(03-3462-4420)、ローソンチケット(Lコード 78809)にて販売中

『イトケン・ワンマンライヴ』

2009年1月9日(金)OPEN 18:30 / START 19:00

出演:
イトケン
イトケンTRIO
zuppa di pesce
d.v.d
HARPY

さらにイトケンが率いる5つのユニット(d.v.d、HARPY、zuppa di pesce、trio、ソロ)のアナログ7インチ・カラー盤を5枚同時発売。5枚同時購入で、イトケン特別DVDが用意されている。さらに、終演後6Fラウンジフロアにて、翌日以降のLIVE予告編としての『ニューカマーLIVE!!』でLIVING ASTROが演奏を行う。同時に彼らのアナログ7インチも同時に発売される。

『NEXT!! vol.1』

2009年1月10日(土)OPEN / START 16:00

出演:
犬彦(ジョン犬+HIKO from GAUZE)
とんちレコードオールスターズ(ホライズン山下宅配便、アナホールクラブバンド、片想い、倉林哲也らによる共同体)
NISEUO cosmic-chang mothership progress(from大阪)
アングリポガチャン
神さま
ボンジュール?5
(アパラチアン・シスターズ+TOV)
泊(山田参助vo、武村篤彦g from大阪)
カシミール・ナポレオン
kaseo(from岐阜)
バイナリキッド

『カレー道場決勝戦&大バザー大会 vol.1』

2009年1月10日(土)OPEN / START 16:00

出演:
BEST MUSIC(小田島等)
山本坑+gape
車輪の再発明
CARRE
ASUNA
noun(村岡充<テストパターン>+藤井俊幸<駅前旅館> from岡山)
平間貴大
KAWASHIMA CIRCULATION BUSLINE(DJ PEAKY + HOSAKA AKANE)
Shibata+Electric Ear
SOLOBO

『NEXT!! vol.2』

2009年1月11日(日)OPEN / START 16:00

出演:
ドラびでお+灰野敬二
sajjanu
SUARA SANA
昼(from名古屋)
大城真(sound & visual)+山本達久(ds)+濱地潤一(sax from 和歌山)
ju sei
dNo(ドラムノ)
魚座(from福岡)
畔(戸井安代+原川奈緒)
小さいテレーズ
moxa delta

『カレー道場決勝戦&大バザー大会 vol.2』

2009年1月11日(日)OPEN / START 16:00

出演:
虹釜太郎(360°)
ほりゆうじ(from姫路)
植野隆司(テニスコーツ)
soundworm
みみづ(from新潟、岐阜)
opq
yuki kaneko

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年