ニュース

『カラーイメージングコンテスト2008』結果発表、1万を超える応募作品から選出

セイコーエプソン株式会社が主催する『カラーイメージングコンテスト2008』の審査結果が発表された。

同コンテストは新時代のデジタル表現文化の育成支援を目的として1994年からスタート。本年の応募作品総数は写真部門9,416作品、グラフィック部門1,540作品の計10,956作品にも及んだ。

選出されたのは、写真部門グランプリの小野麻早の作品『生存料金についてのお知らせ』、グラフィック部門の櫻井裕子の作品『untitled』の2作品をはじめとする計64作品。

関連イベントとして12月18日(木)からスパイラルガーデン(東京・青山)にて、受賞作品を展示する『カラーイメージングコンテスト2008受賞作品展』が開催。なお、同作品展では昨年度準グランプリ受賞者と本コンテストの過去受賞者による新作展示会も同時に行われる。

『カラーイメージングコンテスト2008受賞作品展』

2008年12月18日(木)~12月28日(日)11:00~20:00(18日のみ17:45まで)
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)

出展作品:2008年度受賞作品(64作品)

料金:無料
主催:セイコーエプソン株式会社
協賛:エプソン販売株式会社

同時開催
『2007年度準グランプリ受賞者新作展示』

出展アーティスト:
村山加奈恵(2007年度準グランプリ受賞者)
堀友則(2007年度準グランプリ受賞者)

『COLOR IMAGING NEXT展』
2007年以前にCOLOR IMAGING CONTESTで受賞された5名の作家による新作発表作品展

出展アーティスト:
中山晃子(2007年 プロスペクト賞受賞者)
高木こずえ(2006年 準グランプリ受賞者)
山内悠(2006年 特選受賞者)
米増由香(2006年 入選受賞者)
元田喜伸(2005年 優秀賞受賞者)

(画像中:写真部門グランプリ作品 作品名「生存料金についてのお知らせ」、画像下:グラフィック部門グランプリ作品 作品名「untitled」)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く