ニュース

四谷アート・ステュディウム関連企画として、批評の現在を問うシンポジウム開催

『四谷アート・ステュディウム』の関連企画として、『批評の現在 シンポジウム』が東京国立近代美術館にて開催される。

『四谷アート・ステュディウム』はアーティスト・批評家の岡崎乾二郎が主任ディレクターをつとめる芸術学校。今回のシンポジウムはその中の講座のひとつ「批評(創造)の現在シリーズ」を総括するシンポジウムとなる。

同企画は若手論者総勢11名が、今までのレクチャーを踏まえて「批評とは何か?」を徹底討議。CINRA MAGAZINE vol.17「たのしい批評」を読んで「批評」に興味を持った人には、批評という作品を言葉によって解体する現場を見る絶好の機会となるだろう。

なお、パネリストには以前CINRA MAGAZINEに登場いただいたレビューハウス編集長・伊藤亜紗、編集委員・黒瀬陽平、美術批評・沢山遼も名を連ねている。

『批評の現在 シンポジウム』

2008年12月23日(火・祝)13:00~17:00 (開場12:30)
会場:東京国立近代美術館 講堂

出演:
池田剛介(美術家)
伊藤亜紗(パフォーマンス/文学研究)
上崎千(芸術学/批評/アーカイヴ理論)
黒瀬陽平(美術家、美術批評/アニメ評論)
沢山遼(美術批評/美術史)
千葉雅也(哲学/表象文化論)
平倉圭(イメージ分析/知覚理論、美術家)
福嶋亮大(文芸批評家)
柳澤田実(哲学/キリスト教思想)
松井勝正(芸術学)
石岡良治(表象文化論)

定員:130名
料金:1,500円
申し込み方法:電話にて予約(詳細はHPを参照のこと)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら