阿部サダヲが父親役に抜擢、少年の成長を描く感動作『ぼくとママの黄色い自転車』

新堂冬樹のベストセラー小説『僕の行く道』が原作の映画『ぼくとママの黄色い自転車』が、8月22日から全国ロードショーされる。

主人公は父親の一志と二人で暮らす小学校3年生の少年、大志。大志の母・琴美はデザインの勉強中のためパリに留学しており、母から週に一度届く手紙は大志の一番の楽しみだった。

しかし、大志は夏休みのある日、ふとしたことから琴美がパリではなく、瀬戸内海の小豆島にいることを知ってしまう。どうしても母に会わなければならないと思った大志は愛犬アンとともに、母からもらった黄色い自転車で500km離れた小豆島に向かって旅に出る。

監督は『子きづねヘレン』の河野圭太。主人公の少年を『いま、会いにゆきます』の映画版、ドラマ版両作に主演した子役の武井証、父親役を阿部サダヲ、難役である母親を鈴木京香が演じる。

旅先でたくさんの人々のやさしさに触れた少年。少しだけ成長した彼は切ない真実に立ち向かうことになる。

『ぼくとママの黄色い自転車』

2009年8月22日(土)より全国ロードショー

監督:河野圭太
原作:新堂冬樹『僕の行く道』(双葉文庫/双葉社)
主題歌:さだまさし“抱きしめて”
挿入歌:真衣“YOU”

キャスト:
武井証
阿部サダヲ
西田尚美
甲本雅裕
ほっしゃん。
柄本明
鈴木砂羽
市毛良枝
鈴木京香

配給:ティ・ジョイ

(画像:©2009「ぼくとママの黄色い自転車」製作委員会)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 阿部サダヲが父親役に抜擢、少年の成長を描く感動作『ぼくとママの黄色い自転車』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて