ジム・オルーク×牧野貴による実験映画の新境地『The World』、期間限定で爆音上映

映像を牧野貴、音楽をジム・オルークが手がけた映画『The World』が、10月10日から16日まで吉祥寺バウスシアターにて限定レイトショー公開される。

これまでにもジムと牧野は映像と音楽のコラボレートで幾つかの作品を残してきており、2008年には『ロッテルダム国際映画祭』のTiger Awardに映画『Elements of Nothing』がノミネートされるなど、確かな評価を獲得してきた。

『The World』は、映画館に音楽ライブ用のサウンドシステムを持ち込み、これまでにない映画の楽しみ方を提案してきた「爆音映画祭」の依頼により誕生した作品。本作ももちろん「爆音」の環境で上映される。

初日には、『The World』ほか、牧野貴、ジム・オルーク、そして実験映画作家の西川智也が「映像 と音楽の競合」をテーマに選出した作品がオールナイトで上映される。また公開に先駆け、10月3日には吉祥寺のart center ongoingにて、牧野貴の初期作品と新作『While we are here』の上映会が行われる。

『The World』

2009年10月10日(土)~10月16日(金)OPEN / START 22:00
会場:吉祥寺バウスシアター
上映作品:
『The World』(映像:牧野貴 2009年)
『EVE』(映像:牧野貴 2002年)
『still in cosmos』(映像:牧野貴 2009年)
『Not Yet』(映像:ジム・オルーク 2004年)

料金:一般1,600円 学生1,300円 シニア1,000円

関連イベント

『The World』爆音レイトショー記念プレイベント
『ongoing presents 牧野貴初期作品&新作上映会』

2009年10月3日(土)
会場:art center ongoing(東京・吉祥寺)
料金:1,000円(要ドリンクオーダー)

イメージフォーラム&No Fun Fest 全面協力:The World 公開記念オールナイト
『~ Image & Sound Eternity ~』

上映作品:
Ben Russell『Black and White Trypps Number Three』
Paul Clipson作品
大城真作品
Daichi Saito
David Dinnell

2009年10月10日(土)23:00~
会場:吉祥寺バウスシアター
料金:2,700円 セット券:3,800円
(※セット券はオールナイト入場券+『The World』のレイトショー入場券のセット、オールナイトとは別日での使用も可能)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジム・オルーク×牧野貴による実験映画の新境地『The World』、期間限定で爆音上映

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて