HARCO監修・選曲のスウィートポップスコンピでキリンジ、トクマル、□□□ら16組の味わい

HARCOが監修、選曲を手がけたコンピレーションアルバム『Sweet Voices - Gentle Boyfriends』が、12月2日にリリースされる。

同アルバムには、優しくて少しあどけない声を持つ男性シンガーを探すのが趣味だったというHARCOが選んだ、国内シンガーの楽曲を計16曲収録。キリンジのアルバム未収録曲“癇癪と色気”やおおはた雄一の“街と砂嵐のバラッド”、HARCO自身の楽曲“ソングバード”などをはじめ、新曲に限らず、HARCOにとって愛着と想いの詰まったセレクトになっているという。

レーベルの垣根を越えた特徴的で暖かい歌声に酔いしれてみよう。

V.A.
『Sweet Voices - Gentle Boyfriends』

2009年12月2日発売
価格:2,100円(税込)
UVCA-3002

1. パラシュート / トクマルシューゴ
2. 春 Hello! / □□□
3. ジョン・L・フライの嘘 / 清竜人
4. 深呼吸 / Polaris
5. 癇癪と色気 / キリンジ
6. 12月の晴れの日 / べべチオ
7. ソングバード / HARCO
8. ひろがるなみだ / Lamp
9. ルーリーライ / THE YOUNG GROUP
10. 街と砂嵐のバラッド / おおはた雄一
11. Forever Young~ポニーテールの頃 / カジヒデキ
12. SING A SONG / 山田稔明
13. やわらかな午後に遅い朝食を / 秦基博
14. ビューティフル デイ / キセル
15. 長い道草 / 高森ゆうき
16. Standing There~いま、そこに行くよ~ / bonobos

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • HARCO監修・選曲のスウィートポップスコンピでキリンジ、トクマル、□□□ら16組の味わい

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて