写真作家・藤原新也の小説『渋谷』が映画化、キャストに綾野剛、佐津川愛美、ARATAら

ベストセラー『東京漂流』『メメント・モリ』などを生み出し、鋭い視点で時代を斬る写真作家として支持を得ている藤原新也。彼が2006年に発表した小説『渋谷』が映画化され、1月9日から東京・渋谷のユーロスペースで上映される。

物語の舞台は東京・渋谷。渋谷の少女たちを撮って記事を書く仕事に行き詰まっていたフリーカメラマンの水澤は、取材に出た渋谷センター街で「死んでもいいじゃん!」と切り裂くような声を聞く。彼が目にしたのは、母親を突き飛ばして走り去る少女の後姿だった。

少女の後を追った水沢は、彼女が「ユリカ」と名乗ってヘルスで働いていることを知る。センター街で見た彼女とは別人のような化粧っ気のない顔で、「ココにいるとすごい楽なの」と淋しげに微笑むユリカを、水澤は写真を撮らせてほしいと頼む。

カメラマン水澤を、映画『クローズZERO?』『TAJOMARU』などで人気急上昇中の綾野剛。ヘルスで働く少女・ユリカには、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『鈍獣』など出演作が相次ぐ佐津川愛美。そして、ユリカの母を松田美由紀、ヘルスの店員にARATA、ヘルスの客に西村和彦、雑誌社の編集長に石田えりなど豪華キャストが名を連ねている。

藤原の視点を、駆け出しの若いカメラマンの眼を通して再現する同作。若者たちの切なく痛い一夜の物語が誕生した。

『渋谷』

2010年1月9日から渋谷ユーロスペース1で公開
監督:西谷真一
原作:藤原新也『小説』
キャスト:
綾野剛
佐津川愛美
松田美由紀
ARATA
大島優子
斎藤工
藤井リナ
西村和彦
石田えり
配給:ビーワイルド

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 写真作家・藤原新也の小説『渋谷』が映画化、キャストに綾野剛、佐津川愛美、ARATAら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて