ニュース

『恵比寿映像祭』が東京都写真美術館で開催、上映だけではなく展示なども含むオルタナティブな映像体験

テレビやビデオ、映画はもちろん、実体なく心に浮かぶイメージなど、「映像」という言葉は多種多様な意味が含まれている。そんな「映像」のさまざまな意味を問い直す新しい映像祭『恵比寿映像祭』が、東京都写真美術館で10日間にわたって開催される。

同イベントは写真美術館の全フロアを使用し、上映だけでなく平面や立体、インスタレーションなどスクリーンに収まらない表現を紹介。第1回となる今回は「オルタナティヴ・ヴィジョンズ」をテーマに、映像表現があふれる現代においてのオルタナティブな価値とは何かを問うものになるという。

また、この『恵比寿映像祭』は会場だけでなく、次回開催までの355日間にも同ウェブサイト上で継続。映像をめぐる国内外大小の映画祭、展覧会、コレクションなどの活動と相互にリンクし、会期終了後も映像と触れる機会を提供する場として機能する予定だ。

『第1回恵比寿映像祭 オルタナティヴ・ヴィジョンズ ~映像体験の新次元~』

2009年2月20日(金)~3月1日(日)
会場:東京都写真美術館 全フロア
料金:無料(ただし定員制の上映プログラム、イベント等については有料)
※イベント情報に関してはウェブサイトを参照

(画像上から:恵比寿映像祭ロゴイメージ、アンディ・ウォーホル 《スクリーン・テスト:岸田今日子》 1964年 16mmフィルム、モノクローム、サイレント/4分 ©2009 The Andy Warhol Museum, Pittsburgh, PA, a museum of Carnegie Institute. All rights reserved.、宇川直宏 《DAYLY PSYCHIC TV/ EMPEROR’S DEAD》 2003年[参考図版]、ブルース・コナー 《TVの深夜映画:1978年7月10日午前1:20から1:27:スターンズ・モーテル、カリフォルニア州ヴェニス》 1978年撮影、1986年プリント 白黒写真の連作(エディション 1/3) 27.9 x 35.5 cm 協力:マイケル・コーン・ギャラリー、ミヤケ・ファイン・アート 作品撮影:武藤滋生/Photograph:MUTO Shigeo)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今