ニュース

bonobos自主レーベルから第1弾アルバム『オリハルコン日和』が4月にリリース、全国ツアーも

bonobosが新たに設立した自主レーベル「ORANGE LINE TRAXXX」から、第1弾アルバム『オリハルコン日和』を4月15日にリリースする。同レーベルはP-VINE Recordsの協力で設立された。

2年11ヶ月ぶりのオリジナルアルバムとなる『オリハルコン日和』には、HAKASE-SUN、木暮晋也(ヒックスヴィル、トーテムロック)、武嶋聡(copa salvo、EGO-WRAPPIN'、NDER CURRENT)、辻村豪文(キセル)、野村卓史(グッドラックヘイワ)らのゲストミュージシャンが参加。また、レコーディング・エンジニアにはZAKを迎えている。

そして5月からは、計15都市を巡る全国ツアー『裸の錬金術師ツアー2009』もスタート。4月5日に一般発売に先駆けて2月21日からはファンクラブ先行予約、3月2日からはオフィシャルウェブサイト先行予約が行われる。

bonobos
『オリハルコン日和』

2009年4月15日発売
価格:2,730円(税込)
ORANGE LINE TRAXXX PCD-26027

『裸の錬金術師ツアー2009』

2009年5月6日(水)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:札幌KRAPS HALL
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年5月8日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:仙台CLUB JUNK BOX
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年5月9日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:盛岡Club Change WAVE
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年5月15日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年5月20日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:F.A.D YOKOHAMA
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年5月23日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:松本ALECX
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年5月24日(日)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:金沢VANVAN V4
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年5月26日(火)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:京都府 京都磔磔
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年6月2日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:福岡県 福岡DRUM SON
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年6月3日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:熊本DRUM Be-9
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年6月5日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:広島ナミキジャンクション
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年6月6日(土)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:高知 X-pt.
料金:前売3000円 当日3500円(ドリンク代別)

2009年6月8日(月)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:心斎橋CLUB QUATTRO
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年6月9日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:名古屋CLUB QUATTRO
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

2009年6月16日(火)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京都 赤坂BLITZ
料金:前売3,300円 当日3,800円(ドリンク代別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会