ニュース

戦争を知らない世代がアルジェリア戦争を真摯に描いた戦争映画『いのちの戦場−アルジェリア1959−』

映画『ピアニスト』でカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞した俳優、ブノワ・マジメルが立案・主演をつとめる映画『いのちの戦場−アルジェリア1959−』が、2月28日より渋谷シアターTSUTAYA他にて公開される。

本作は、フランス近現代史における深い闇と言われるアルジェリア戦争(1954~62年)をテーマにしている。当時、200万人のフランス人兵士が戦地に送り込まれ、アルジェリア人の死者は推定で30~60万人というこの大戦争を、正面切って描いた映画は1970年代半ば以降、これまで制作されることはなかった。

「アメリカがベトナムを描いたように、フランスもアルジェリアを描かねばならない」というマジメルの情熱により、アルジェリア戦争のドキュメンタリーを制作するパトリック・ロットマンを脚本に迎えるなど最高のスタッフを集結。人間への鋭い洞察力を備えた傑作戦争映画が誕生した。

公開を記念して、2月21日、28日にはオールナイトイベントも行なわれる。この機会に、知名度こそ低いが重要きわまりないアルジェリア戦争の真実に触れていただきたい。

『いのちの戦場−アルジェリア1959−』

2009年2月28日(土)より、渋谷シアターTSUTAYA、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

監督:フローラン=エミリオ・シリ
脚本:パトリック・ロットマン
立案:ブノワ・マジメル

キャスト:
ブノワ・マジメル
アルベール・デュポンテル
オーレリアン・ルコワン
マルク・マルベ
エリック・サヴァン
モハメッド・フラッグ
ヴァンサン・ロティエ
ルネ・タザイール
アブデルハフィド・メタルシ

配給:ツイン
宣伝:バイオタイド

「いのちの戦場 ―アルジェリア1959―」公開記念 先行+初日 3本立てオールナイト

2009年2月21日、28日
会場:渋谷シアターTSUTAYA

上演作品:
『いのちの戦場−アルジェリア1959−』
『アルジェの戦い』(1965)
『デイズ・オブ・グローリー』(2006)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音