ニュース

『ガロ』で活躍の漫画家・安部愼一の『美代子阿佐ヶ谷気分』が映画化、主題歌はスパルタ

漫画家・安部愼一の作品『美代子阿佐ヶ谷気分』が映画化され、初夏シアター・イメージフォーラムにて公開を予定していることが明らかになった。監督は坪田義史。

同作は、安部愼一の当時恋人であった美代子(現在の安部夫人)をモデルにした作品。阿佐ヶ谷での2人の同棲生活から始まり、安部が漫画家として行き詰まって故郷に戻り、精神を患った後、復活するまでの姿を赤裸々に綴っている。

安部愼一は、1970年にマンガ雑誌『ガロ』(青林堂)でデビュー。翌年に発表した『美代子阿佐ヶ谷気分』が好評を博し、以後精力的に創作を続け、鈴木翁二、古川益三と並び「ガロ三羽烏」と称される。しかし、その後に分裂症を患い、精神病院への入退院を繰り返すようになり、混迷期に入る。

1995年に『クイック・ジャパン』の消えたマンガ家特集で取り上げられ、再びファンを獲得、近年は再評価されることが多くなった。安部愼一は幾度かの断筆期間を経て、現在は『アックス』(青林工藝舎)での小説連載を中心に活動中。

主人公の安部愼一役に若手実力派の水橋研二、美代子役に劇団「毛皮族」などで活躍する町田マリーが出演。さらに、佐野史郎に加え作者と同じく『ガロ』執筆者だった林静一やつげ忠男、杉作J太郎らが出演している点も見所だろう。

ちなみに、佐野史郎は、安部愼一にも影響与えた漫画家・つげ義春の作品を映画化した『ゲンセンカン主人』で、つげをモデルにした津部役を過去に演じている。

なお、主題歌はスパルタローカルズの“水のようだ”が起用されている。

ワイズ出版 1970年代劇画映画シリーズ第三弾
『美代子阿佐ヶ谷気分』

シアター・イメージフォーラムにて2009年初夏公開
監督・脚本:坪田義史

出演:
水橋研二
町田マリー
本多章一
松浦祐也
あんじ
佐野史郎

製作:ワイズ出版

(投稿:天沢もとき)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ 1

    サニーデイ・サービス曽我部の純情と歌。成熟を拒み、走り出せ

  2. キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM 2

    キンプリ平野紫耀が体当たりで「問題」に挑む、ビタミン炭酸MATCH新CM

  3. 殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真 3

    殺人鬼の異常な心情を描く R15+映画『アングスト/不安』予告&場面写真

  4. 『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開 4

    『きのう何食べた?』西島秀俊が演じるシロさんの料理レシピ動画を公開

  5. 映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投 5

    映画『キングダム』続編製作決定 山崎賢人、吉沢亮、橋本環奈が続投

  6. ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場 6

    ゴッホ『ひまわり』が下着に 「巨匠のブラ」新デザイン登場

  7. 広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』 7

    広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がコメント 坂元裕二作ドラマ『Living』

  8. 草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら 8

    草彅剛主演『ミッドナイトスワン』に服部樹咲、水川あさみ、田口トモロヲら

  9. 『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力 9

    『あつまれ どうぶつの森』コミュニケーションの代替だけでない魅力

  10. 「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡 10

    「唄う」ためにEXILEを脱退した清木場俊介。ソロ活動11年目だから唄えた、自身の軌跡