ニュース

暗闇のエンターテイメント『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』

視覚以外の感覚を研ぎ澄まし、暗闇の中で体験するワークショップ形式の展覧会『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』が、3月20日から開催される。

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』は1989年に開催されて以来、その後20年間に渡りヨーロッパを中心に120都市で開催され、これまで600万人以上の人々が体験している世界的規模のイベント。日本国内でも1999年から短期で開催されていたが、参加人数に限りがあったためにチケットの入手が困難なことで知られていた。今後は国内での常設展示を目指しており、今回の試みは記念すべき初の長期開催となる。

参加者はまったく光の入らない完全な暗闇の空間で、視覚障害者のスタッフのサポートのもと、さまざまなできごとを視覚以外の感覚で体験する。日常生活のさまざまな環境を織り込んだ会場で健常者と障害者の立場が入れ替わることにより、普段の生活では気づくことのできない新しい関係を生み出す社会的なプロジェクトともいえる。

自分の手元もさえも見えないまったくの暗闇の中での対話、そこで感じる味覚、そして体験後に改めて感じる「光のある世界」。約90分で起こるできごと、そして体験後の自分の中の心境の変化は体験者の人生を左右する貴重な体験になることは間違いないだろう。

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク TOKYO』

2009年3月20日(金)~6月下旬※各火曜日は休館
会場:レーサムビルB1F(東京・外苑前)
参加ユニット:定員各8名 (所要時間約90分)

参加費:
完全予約制、オープン価格(大人4,000円(税込)~、日時によって異なる)
※学生(中・高・大学生)割引あり、小学生半額

(投稿:CINRA柏木)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー