ニュース

クドカン脚本で浅野忠信が演じる不死身の「鈍獣」、詳細が続々と明らかに

5月からの公開が決定した友情と裏切りのハートボイルド・ミステリー映画『鈍獣』の、キャスト・スタッフなどの詳細が続々と明らかになっている。

『鈍獣』はクドカンこと宮藤官九郎が、04年に舞台劇として書き下ろしたダークユーモアとサスペンスに満ちた作品。監督はグループ魂のミュージックビデオや、日清のカップヌードルのCMを手がけるディレクター・細野ひで晃。浅野忠信演じる殺しても死なない鈍感な男の凸川こと「凸やん」と、自分のことしか考えずに彼の殺害を目論む幼なじみたちによるファンタジック・ミステリー作品だ。

キャストは主役の浅野に加え、俺様キャラの江田を北村一輝、お調子者の岡本をユースケ・サンタマリアが演じるほか、ちょっと古風な愛人・順子を南野陽子、都会のキャリアウーマン・静を真木よう子、そしてノラ役をオーディションで選ばれた佐津川愛美が演じている。

また、凸やんと凸川が登場する回想場面のアニメーションは、細野監督と日清食品の『FREEDOM』でタッグを組んだアニメーション監督・安藤裕章が手がけるほか、キャラクターデザインを『鉄コン筋クリート』の西見祥示郎らと、スタジオ 4℃の精鋭スタッフが制作したことも明らかになっている。

もともと映画監督志望だった細野の「初心に帰って映画が撮りたい」という気持ちと、宮藤の岸田國士戯曲賞作の化学反応による、いまだかつてない映画体験が期待される作品だ。

CINRA.NETでは、5月13日(水)18:30(開場18:00)から有楽町朝日ホールで行われる『鈍獣』試写会に15組30名様にご招待いたします!

お問い合わせページより、件名を「鈍獣招待券応募」とし、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2009年5月7日(木))。

『鈍獣』

2009年5月シネクイント他にて全国順次ロードショー
監督:細野ひで晃
脚本:宮藤官九郎

キャスト:
浅野忠信
北村一輝
真木よう子
佐津川愛美
ジェロ
南野陽子
ユースケ・サンタマリア

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

(画像:©2009『鈍獣』製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年