ニュース

街とアートが融合する『六本木アートナイト』、ヤノベケンジ、日比野克彦、平野治朗ら参加

六本木の街がアートと融合するイベント『六本木アートナイト』が、3月28日、29日の2日間にかけて開催される。

特別顧問に建築家・安藤忠雄を迎え、「出会い」をテーマにした多くのアートプログラムが集結するこのイベントは、東京都による「東京文化発信プロジェクト」の一環として行われる。

イベントの目玉となるのは3つのテーマプログラム。ヤノベケンジによる巨大機械彫刻がパフォーマンスを行う『ジャイアント・トらやんの大冒険』。街全体に設置された日比野克彦のアートディレクションによる、約2m立方のコンテナアート『キューブからの指令』。そして、光る風船を持ちながら夜の街をパレードする、平野治朗による来場者参加型アートプロジェクト『≪GINGA≫@六本木』。

そのほか国立新美術館、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、森アーツセンターギャラリーなどのアートスペースが開館時間を延長。六本木ヒルズ各所にてインスタレーションやライブパフォーマンスが行われ、東京ミッドタウン施設プログラムでは映像・落語・華道・ジャズ演奏による『Tokyo Midtown ART BOX』を開催される。また、一部の飲食店や展望台は特別に深夜営業も実施される。

また同イベントに合わせて六本木交差点の照明を一新。一般公募のデザインフラッグが街を彩るなど、随所に趣向が凝らされた街ぐるみの祭典となりそうだ。街とアートの融合による様々な「出会い」が織りなす、驚きと発見に満ちた春の一夜を歩いてみてはいかがだろうか。

『六本木アートナイト』

2009年3月28日(土)10:00~3月29日(日)18:00
会場:
六本木ヒルズ
東京ミッドタウン
国立新美術館
サントリー美術館
六本木エリア・周辺の一部公共スペース、協力施設

コアタイム(全体の開催時間内でメインとなるインスタレーションやイベントが集中する時間):3月28日17:59~3月29日5:32
料金:無料(但し、一部の美術館企画展およびプログラムは有料)

問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

(画像:ヤノベケンジ 《ジャイアント・トらやん》 2005年 撮影:豊永政史)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く