ニュース

マヒルノから初のフルアルバム『ジェネリックミュージック』、ワンマンライブも開催

サイケデリックな世界観と辺拍子を多用したライブパフォーマンスで活動を続けるロックバンド、マヒルノ。彼らのファーストアルバム『ジェネリックミュージック』が、4月22日にリリースされる。

彼らのデビュー作となった前作『辺境のサーカス』から約5ヶ月という短い期間で登場した本作は、ライブでもお馴染みの“あらし”“群青の人”“アープル”など計10曲を収録。「突然変異バンド」と異名をとる彼らの壮大な破壊と再構築の音世界が、存分な広がりを見せている。

4月2日(木)には東高円寺 U.F.O. CLUBにてドイツ・クラウトロックの先駆者「GURU GURU」の中心人物「マニ・ノイマイヤー」のジャパン・ツアーに参加。また、6月6日(土)には渋谷O-nestにてワンマンライブ『辺境のサーカス part7』も開催される。今回で7回目を向かえる自主企画だが、ワンマンとなるのは初めてのこと。彼らの世界にどっぷりと浸かることができそうだ。

マヒルノ
『ジェネリックミュージック』

2009年4月22日発売
価格:2,415円(税込)
PERFECT MUSIC XQFL-1008

1. あらし
2. 群青の人
3. アープル
4. 寄港地
5. ジェネリックミュージック
6. 鳥籠の鳥、雪の檻
7. 有名な画家
8. 増殖する返答
9. 案山子の歌
10. ラストシーン

amazonで購入する

『マニ・ノイマイヤー JAPAN TOUR 2009』

2009年4月2日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東高円寺 U.F.O. CLUB

出演:
マニ・ノイマイヤー(GURU GURU)
マヒルノ
地獄バンド
Kito-mizukumi rouber(長谷川裕倫[あぶらだこ]+大國正人[あぶらだこ]+内田静夫)

料金:前売2,000円 当日2,300円(ドリンク代別)

マヒルノpresents
『辺境のサーカスpart7 special』

2009年6月6日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:渋谷O-nest

出演:
マヒルノ

料金:前売2,000円 当日2,500円(ドリンク代別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年