ニュース

マヒルノから初のフルアルバム『ジェネリックミュージック』、ワンマンライブも開催

サイケデリックな世界観と辺拍子を多用したライブパフォーマンスで活動を続けるロックバンド、マヒルノ。彼らのファーストアルバム『ジェネリックミュージック』が、4月22日にリリースされる。

彼らのデビュー作となった前作『辺境のサーカス』から約5ヶ月という短い期間で登場した本作は、ライブでもお馴染みの“あらし”“群青の人”“アープル”など計10曲を収録。「突然変異バンド」と異名をとる彼らの壮大な破壊と再構築の音世界が、存分な広がりを見せている。

4月2日(木)には東高円寺 U.F.O. CLUBにてドイツ・クラウトロックの先駆者「GURU GURU」の中心人物「マニ・ノイマイヤー」のジャパン・ツアーに参加。また、6月6日(土)には渋谷O-nestにてワンマンライブ『辺境のサーカス part7』も開催される。今回で7回目を向かえる自主企画だが、ワンマンとなるのは初めてのこと。彼らの世界にどっぷりと浸かることができそうだ。

マヒルノ
『ジェネリックミュージック』

2009年4月22日発売
価格:2,415円(税込)
PERFECT MUSIC XQFL-1008

1. あらし
2. 群青の人
3. アープル
4. 寄港地
5. ジェネリックミュージック
6. 鳥籠の鳥、雪の檻
7. 有名な画家
8. 増殖する返答
9. 案山子の歌
10. ラストシーン

amazonで購入する

『マニ・ノイマイヤー JAPAN TOUR 2009』

2009年4月2日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東高円寺 U.F.O. CLUB

出演:
マニ・ノイマイヤー(GURU GURU)
マヒルノ
地獄バンド
Kito-mizukumi rouber(長谷川裕倫[あぶらだこ]+大國正人[あぶらだこ]+内田静夫)

料金:前売2,000円 当日2,300円(ドリンク代別)

マヒルノpresents
『辺境のサーカスpart7 special』

2009年6月6日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:渋谷O-nest

出演:
マヒルノ

料金:前売2,000円 当日2,500円(ドリンク代別)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー