ニュース

豊かな色彩で愛する世界を描いた脇田和、80年にわたる画業の中で追い続けたものとは

身近な存在に温かい眼差しを注いだ画家・脇田和の展覧会『色彩の詩人−脇田和』が、香川県の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で開催されている。会期は6月28日まで。

脇田は1908年東京生まれ。17歳でベルリン国立美術学校に入学し、鋭い線で対象をとらえるデッサンを身につけた。戦後はヴェネチア・ビエンナーレに出品するなど国内外で活躍、2005年に亡くなるまで多数の作品を制作し続けた。

脇田は子どもや鳥、花といった身近な存在をモチーフに選び、一貫して自らの愛する世界を描いた画家だ。豊かな色彩の響きあい、巧みな画面構成、さまざまに異なるマチエールが一体となって優しく穏やかな雰囲気を醸し出す一方、隅々まで美意識が行き渡った作品はある種の謹厳さを保ち、相反する二つの印象は互いに呼応しながら洗練された抗いがたい魅力を放つ。

同展はドイツ留学時代にゴーギャンに影響を受けて描いた油彩画『静物』をはじめとし、素描、版画など貴重な作品の数々を展示。画業80年におよぶ脇田の絵画に対する飽くなき探求と、その奥深い魅力を紹介する。

『色彩の詩人−脇田和』

2009年4月11日(土)~6月28日(日)
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県丸亀市)
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
料金:一般950円 大学生650円 高校生以下・丸亀市内に在住の65歳以上・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
※常設展料金を含む

モーゼルワインの夕べ

担当キュレーターの案内で展覧会を鑑賞した後、脇田和が絵画の基礎を学んだドイツのワインを試飲する。モーゼルワイン生産者協会会長アドルフ・シュミット氏によるトークも。(軽食つき)

2009年6月5日(金)19:00から
会場:美術館3階展示室C、カフェレストMIMOCA
定員:40名
料金:一般3,000円 ミモカフレンド2,500円(観覧料含む)
申込方法:電話(0877-24-7755)にて要申込。4月12日(日)10:00から受け付け開始、定員に達し次第締め切る。

ファミリー・デイ

※毎週日曜日はファミリー・デイとして高校生以下は無料、高校生以下1名の観覧者に対して、同伴の方1名も無料になる

キュレーターズ・トーク

会期中の日曜日14:00から
・大人向けは第1、2、4、5日曜日
・子ども向けは第3日曜日
料金:無料
※展覧会チケットが必要
 
※イベントは都合により変更となる場合があります。事前に美術館までお問合せ下さい

(画像上:脇田和《おやすみさん》1997年 脇田美術館蔵、画像下:脇田和《雷鳥》1973年 脇田美術館蔵)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ