ニュース

パフォーマンスの歴史学ぶ『超・日本・パフォーマンス論』、美学校で来年まで開催

多彩な講師を招いてパフォーマンスの歴史を振り返るシリーズレクチャー『超・日本・パフォーマンス論』が、神保町の美学校にて6月より開催される。

アーティストの宇治野宗輝とプロデューサーの小沢康夫が中心となり開催される本レクチャー。21世紀の来るべきパフォーマンス・アートのコンテキストをつくるべく、未来派、具体美術協会、ジャドソン・チャーチ派、E.A.T、ハイレッド・センターなどの活動を4時間・全18回にわたり分析する。

会場となる美学校は、神保町に40年という歴史ある美術学校(工房)。年齢制限や入学資格を問わず、幅広い芸術活動を支援する専門学校だ。過去にはハイレッド・センターの赤瀬川原平も教鞭を取っている。

『超・日本・パフォーマンス論』

2009年6月~2010年2月の月曜日、13:00~17:00

会場:美学校
※本シリーズは、美学校の講座『超・日本・パフォーマンス論』の一部になります

定員:12名
料金:1回1,500円 6回8,000円
予約:info@j-pai.net

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bunkamuraオーチャードホール ヴェルディ:オペラ『オテロ』(演奏会形式) 最新PR動画

映像演出にライゾマティクスリサーチを迎え、9月8日、10日と上演されるオペラ『オテロ』(演奏会形式)の最新動画。オーチャードホールの天井の高いオーチャードホールのシェルター型反響板の壁面全体に映し出されるのは指揮者アンドレア・バッティストーニの両腕から解析した映像。まさに「誰もみたことのない『オテロ』」が観られるはず。(宮原)