ニュース

パフォーマンスの歴史学ぶ『超・日本・パフォーマンス論』、美学校で来年まで開催

多彩な講師を招いてパフォーマンスの歴史を振り返るシリーズレクチャー『超・日本・パフォーマンス論』が、神保町の美学校にて6月より開催される。

アーティストの宇治野宗輝とプロデューサーの小沢康夫が中心となり開催される本レクチャー。21世紀の来るべきパフォーマンス・アートのコンテキストをつくるべく、未来派、具体美術協会、ジャドソン・チャーチ派、E.A.T、ハイレッド・センターなどの活動を4時間・全18回にわたり分析する。

会場となる美学校は、神保町に40年という歴史ある美術学校(工房)。年齢制限や入学資格を問わず、幅広い芸術活動を支援する専門学校だ。過去にはハイレッド・センターの赤瀬川原平も教鞭を取っている。

『超・日本・パフォーマンス論』

2009年6月~2010年2月の月曜日、13:00~17:00

会場:美学校
※本シリーズは、美学校の講座『超・日本・パフォーマンス論』の一部になります

定員:12名
料金:1回1,500円 6回8,000円
予約:info@j-pai.net

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)