ニュース

恵比寿で無料屋外映画上映イベント『スターライトシネマ2009』、近年公開作品多数

無料屋外映画上映イベント『スターライトシネマ2009』が、恵比寿ガーデンプレイス センター広場にて開催される。上映が行われるのは、7月17日(金)から8月9日(日)の会期中毎週金、土、日、祝日の計13日間。

10回目を迎える今回は「心ときめく、明日への扉。」をテーマに、『恋愛睡眠のすすめ』『潜水服は蝶の夢を見る』『僕らのミライへ逆回転』『マルタのやさしい刺繍』『ラヂオの時間』など全13作品を上映する。

なお、13作品のうち4作品は過去に『スターライトシネマ』で上映された作品から人気投票で決定から選出。上映候補には『アヒルと鴨のコインロッカー』『ダージリン急行』『トウキョウソナタ』など20作品が名を連ねている。

鑑賞には、当日上映前にセンター広場で配布される座席券が必要だが、満席の場合でも会場周囲からの観覧は可能となっている。300インチのスクリーンに広がる作品世界を、夏の開放感と共に感じてみよう。

YEBISU GARDEN PLACE Summer Event
『スターライトシネマ2009』

2009年7月17日(金)~8月9日(日)の毎週金曜、土曜、日曜、祝日の計13日間
会場:恵比寿ガーデンプレイス センター広場
時間:各日18:45より上映

上映作品:
7月18日『恋愛睡眠のすすめ』
7月19日『マルタのやさしい刺繍』
7月20日『潜水服は蝶の夢を見る』
7月25日『僕らのミライへ逆回転』
7月26日『最高の人生の見つけ方』
8月1日『地上5 センチの恋心』
8月2日『ブタがいた教室』
8月8日『サマータイムマシン・ブルース』
8月9日『ラヂオの時間』

7月17日、7月24日、7月31日、8月7日は下記上映候補作品から計4作品上映予定

上映予定作品:
『アヒルと鴨のコインロッカー』
『西の魔女が死んだ』
『黄色い涙』
『トウキョウソナタ』
『ダージリン急行』
『ロッタちゃんはじめてのおつかい』
『ビフォア・サンセット』
『プロヴァンスの贈り物』
『過去のない男』
『パンズ・ラビリンス』
『グッバイレーニン』
『モーターサイクル・ダイアリーズ』
『さよなら、さよならハリウッド』
『スモーク』
『皇帝ペンギン』
『テルミン』
『キリクと魔女』
『間宮兄弟』
『ここに幸あり』
『ジャージの二人』

席数:約150席
料金:無料

※ 荒天の場合は中止とする場合があります
主催:恵比寿ガーデンプレイス

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場