ニュース

スネオヘアー主演、ウツの坊さんがロックで六道輪廻を突き抜ける『アブラクサスの祭』

芥川賞作家・玄侑宗久原作の映画『アブラクサスの祭』の公開が決定し、主演の僧侶・浄念をスネオヘアーが演じることが明らかになった。タイトルの「アブラクサス」とはアブラカダブラの語源となる言葉を指している。

東北の小さな町の寺に勤める物語の主人公の僧侶・浄念は、躁鬱に苦しみながら酒と薬の力を借りて法要をこなす毎日を過ごしていた。不器用なくらい真面目で一途な浄念だったが、学生時代にのめりこんでいたバンドへの情熱に再び目覚め、この小さな町を舞台にライブを行う決意をする。そんな浄念を面白がって応援してくれる人や、罰あたりだと怒り出すお婆さんなどが現れ、浄念を暖かく見守っていた妻・多恵や住職の玄宗は困惑してしまう。静かな町で浄念のライブは実現できるのだろうか・・・。

出演は、映画初主演にして主役に抜擢されたスネオヘアーをはじめ、浄念の妻・多恵を演じるともさかりえ、住職・玄宗役の小林薫など個性的な顔ぶれが揃う。監督は、東京藝術大学大学院で北野武、黒沢清の教えを受けた加藤直輝。今作が商業映画デビュー作品となる。

『アブラクサスの祭』

2010年、全国ロードショー

監督:加藤直輝
脚本:佐向大
原作:玄侑宗久『アブラクサスの祭』(新潮文庫刊)

キャスト:
スネオヘアー
ともさかりえ
小林薫
本上まなみ

製作:「アブラクサスの祭」製作委員会
企画協力:新潮社
企画・制作:オフィス・シロウズ

(画像:©「アブラクサスの祭」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に