ニュース

スネオヘアー主演、ウツの坊さんがロックで六道輪廻を突き抜ける『アブラクサスの祭』

芥川賞作家・玄侑宗久原作の映画『アブラクサスの祭』の公開が決定し、主演の僧侶・浄念をスネオヘアーが演じることが明らかになった。タイトルの「アブラクサス」とはアブラカダブラの語源となる言葉を指している。

東北の小さな町の寺に勤める物語の主人公の僧侶・浄念は、躁鬱に苦しみながら酒と薬の力を借りて法要をこなす毎日を過ごしていた。不器用なくらい真面目で一途な浄念だったが、学生時代にのめりこんでいたバンドへの情熱に再び目覚め、この小さな町を舞台にライブを行う決意をする。そんな浄念を面白がって応援してくれる人や、罰あたりだと怒り出すお婆さんなどが現れ、浄念を暖かく見守っていた妻・多恵や住職の玄宗は困惑してしまう。静かな町で浄念のライブは実現できるのだろうか・・・。

出演は、映画初主演にして主役に抜擢されたスネオヘアーをはじめ、浄念の妻・多恵を演じるともさかりえ、住職・玄宗役の小林薫など個性的な顔ぶれが揃う。監督は、東京藝術大学大学院で北野武、黒沢清の教えを受けた加藤直輝。今作が商業映画デビュー作品となる。

『アブラクサスの祭』

2010年、全国ロードショー

監督:加藤直輝
脚本:佐向大
原作:玄侑宗久『アブラクサスの祭』(新潮文庫刊)

キャスト:
スネオヘアー
ともさかりえ
小林薫
本上まなみ

製作:「アブラクサスの祭」製作委員会
企画協力:新潮社
企画・制作:オフィス・シロウズ

(画像:©「アブラクサスの祭」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ