ニュース

マギー・チャンが全会一致でカンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した感動作『クリーン』

マギー・チャンが全会一致でカンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞した感動作『クリーン』が、8月29日(土)よりシアターイメージフォーラムにて公開される。

歌手として成功することを夢見るエミリー(マギー・チャン)は、ある日突然、ロックスターとして名を馳せてきた夫のリーをドラッグの過剰摂取で亡くしてしまう。一部の人間は事故を防げなかったエミリーを責め、彼らの間に生まれた幼い息子も、義父のもとに預けられてしまう。愛する人を失った悲しみに流されそうになる彼女だったが、もう一度息子のために人生をやり直すことを決心する。

監督は、マギー・チャンの元夫であり、映画『レディ アサシン』、『夏時間の庭』、音楽ドキュメンタリー『NOISE』などを手掛けた、今最も注目すべきフランス人監督のオリヴィエ・アサイヤス。撮影には、ショーン・ペン監督『イントゥ・ザ・ワイルド』のエリック・ゴーティエ、音楽に『トレインスポッティング』のブライアン・イーノを迎えるなど、スタッフにも実力派が揃う。

監督が「誰でも変わることができる、クリーンになれる」という意味を込めたと語る本作は、人生への深い洞察にもとづいた骨太の人間ドラマに仕上がっている。ミス香港の経歴を持つマギー・チャンの、観る者の胸を震わせる美しい表情を、しっかりと見届けておきたい。

※作品タイトルに一部誤りがございました。訂正してお詫びいたします。

『クリーン』

2009年8月29日(土)よりシアターイメージフォーラムにてロードショー

監督:オリヴィエ・アサイヤス
撮影:エリック・ゴーティエ
音楽:ブライアン・イーノ

キャスト:
マギー・チャン
ニック・ノルティ
ベアトリス・ダル
ジャンヌ・バリバール

配給:トランスフォーマー

(画像:©2004 - Rectangle Productions / Leap Films / 1551264 Ontario Inc / Arte France Cinema)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで