ニュース

菅野よう子らによるシンポジウムも、音の感性に焦点をあてた『文化庁メディア芸術祭 浜松展』

歴代の『文化庁メディア芸術祭』受賞作品の中から、音をモチーフにしたメディアアート、アニメーション、マンガ、ゲームを集めた『文化庁メディア芸術祭 浜松展』が、10月30日から11月3日まで静岡文化芸術大学で開催される。

会場にはジャンルを越えた約70作品が集結し、「音を奏でる」「音を読む」「音を観る」の目的別に展示される。それぞれのゾーンでは、2008年度エンターテイメント部門対象を受賞した誰もが楽しむことの出来る音楽ゲームの展示や、『NANA』『のだめカンタービレ』といった漫画の観点から音楽の表現の紹介、そして音楽と映像のコラボレーションが繰り広げられたアニメーションが上映される。

期間中には、CMやアニメーション作品の音楽でお馴染みの作曲家・菅野よう子、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の神山健治監督、『カウボーイビバップ』の渡辺信一郎監督によるシンポジウムや、TENORI-ONのワークショップも開催される。

『文化庁メディア芸術祭 浜松展』

2009年10月30日(金)~11月3日(火・祝)
会場:静岡文化芸術大学(静岡・浜松)
料金:無料

関連イベント

シンポジウム
『音楽がアニメーションをどう変えるか Animation Metamorphoses』

2009年11月3日(火)14:00~16:00
会場:静岡文化芸術大学講堂

ワークショップ
『TENORI-ON ワークショップ』2009年11月1日(日)14:00~(2~3時間を予定)
会場:静岡文化芸術大学ギャラリー

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開 1

    Suchmos、羊文学所属のF.C.L.S.がYouTubeチャンネル開設&謎の動画公開

  2. 「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開 2

    「五輪ファースト」の排除の歴史 記録映画『東京オリンピック2017』8月公開

  3. 東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開 3

    東京事変、児玉裕一監督による“緑酒”PV公開

  4. 山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開 4

    山田孝之主演 Netflix『全裸監督 シーズン2』場面写真が一挙公開

  5. KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表 5

    KERA×緒川たまきのケムリ研究室、安部公房『砂の女』研究イベント詳細発表

  6. カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案 6

    カズレーザーの読書トークなど ヱビスがビールと過ごす時間を提案

  7. 小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売 7

    小林聡美&ともさかりえ&市川実日子&浅丘ルリ子『すいか』Blu-ray発売

  8. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 8

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  9. 杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質 9

    杉本志乃が問う「障害とは何か」 偏見を捨て対峙する人間の本質

  10. 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る 10

    世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る