ニュース

パパ・タラフマラの新作公演『パンク・ドンキホーテ』が上演、豪華なスタッフが集結

パパ・タラフマラの新作公演『パンク・ドンキホーテ』が、12月11日から12月20日まで、池袋のあうるすぽっとにて上演される。

同カンパニーは、代表の小池博史によって1982年に設立されて以来、「ダンス」「演劇」「美術」「音楽」等の様々なジャンルを巻き込みながら、舞台空間全体をひとつのアートに築き上げる手法で世界中の観客を魅了してきた。2008年秋には、世界最高峰の劇場であるニューヨークのブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック オペラハウスでの招聘公演を実現している。

同作品は、セルバンテスの小説『ドン・キホーテ』に「パンク」の名を被せ、原作を大きく換骨奪胎したオリジナル作品。パンク的な破壊衝動をたっぷりと持った現代におけるドン・キホーテの姿を、奇怪に、しかし起こりうる現実として描き出していく。

集結したスタッフも独特かつ豪華な面々だ。トラフ建築設計事務所は、2008年のチェルフィッチュ『フリータイム』に続き2度目となる舞台美術に挑戦。衣装はピエールカルダン賞、装苑日本テレビ賞など多数受賞の小林和史と、映画監督・アートディレクターなど多岐にわたり活躍する甲斐さやかとのユニット、out sectが担当。そして音楽は、ジプシーバンドによる生演奏が行われるなど、かつてない試みが為される予定となっている。

80年代に彗星のごとく登場し、その後も息の長い活躍を続ける稀有な団体の、本当に「パンク」なステージを目撃するチャンスだ。

『パンク・ドンキホーテ』

2009年12月11日(金)~12月20日(日)全11回公演
会場:あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)
作・演出・振付:小池博史
宣伝美術:葛西薫、安藤隆
美術:トラフ建築設計事務所(鈴野浩一、禿真哉)
作曲:アランパットン、藤井健介
衣裳:小林和史、甲斐さやか(OUT SECT)
出演:
松島誠
白井さち子
あらた真生
関口満紀枝
クトゥット・リナ 
オーウェン・ウェンリャン
ほか

料金:
前売 一般5,000円、60歳以上4,500円、学生3,900円、小学生 2,000円※全席指定

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」