ニュース

モノを動かしながら日々変化するインスタレーション/アニメーションを創り出す田口行弘展

ベルリン在住アーティスト・田口行弘の個展『Über~performative sketch』が、11月7日まで無人島プロダクションで開催されている。

2005年からベルリンに在住し、ドイツをベースに様々な国で精力的な作品を発表を続ける田口行弘。近年は、もともとあるモノを少しずつ動かしながら空間を作り上げる「パフォーマティブ・インスタレーション」と、モノを少し動かしては写真を撮影し、数千枚にも及ぶ画像を繋ぎ合わせて作った「ストップモーション・アニメーション」の2つの手法をもちいた作品を発表している。

彼の代表的な作品は、敷き詰められていた板を毎日少しずつ動かすなど変化させることで、ギャラリーをパーティー会場やバトミントンを楽しむ屋内競技場に変貌させるものや、ギャラリーの床板がまるで生き物のようにベルリンの街を徘徊し、街を構成する建築物のように変化し続けていくさまをおさめた映像など、発見と驚きに溢れる内容となっている。

本展は、彼のライフワークとして描きためたスケッチの一部を、会場中に張り巡らすほか、ベルリンにいる田口からFAXでほぼ毎日送られてくるスケッチや、次回作のプランや写真なども展示。展覧会終了後には、それらを1つのアニメーション作品として発表する予定だという。

会期中に日々変わり続ける展示と、その後の完成した映像作品は人々の好奇心を駆り立ててくれそうだ。

田口行弘個展
『Über~performative sketch』

2009年10月6日(火)~11月7日(土)
会場:無人島プロダクション
時間:13:00~20:00
休館日:10月12日(月・祝)、11月3日(火・祝)

(画像:©2009 Yukihiro Taguchi Courtesy of Mujin-to Production, Tokyo)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く