ニュース

パニスマ新作は「女子について」のアルバム『A GIRL SUPERNOVA』、現メンバーでのラスト音源に

PANICSMILEがニューアルバム『A GIRL SUPERNOVA』を12月2日にリリース。さらに、同アルバムが現在のメンバー編成での最後の音源となることが明らかになった。

前作『BEST EDUCATION』から約2年7ヶ月ぶりとなる同アルバムは、レコーディングとミックスに加え、PANICSMILEとの共同プロデュースをAxSxE(NATSUMEN)が手がけている。また、結成以降初となるテーマの設定にも挑んでおり、「女子についてのうた」というコンセプトアルバムに仕上がっているという。

1992年に福岡で結成され、2000年からは現在のメンバー編成で約10年にわたって活動を続けてきたPANICSMILE。現メンバーでのライブは12月17日に渋谷O-nestで開催されるCINRA主催入場無料ライブ『exPoP!!!!! volume33』と、来年1月から3ヶ月連続で開催される自主企画『WE SAY FOGGY』の計4公演のみとなる。なお、それ以降の彼らの活動については現在未定とのこと。

メンバーからは「現メンバーのPANICSMILEの活動は10月27日からの九州ツアー、7thアルバムリリース、12月17日の渋谷でのライブ、そして1月から3ヶ月連続で行われる「WE SAY FOGGY!」3本のライブをもちまして、終了いたします。今まで応援してくださったファンの皆様、関係スタッフ、そしてサポートしてくださった多くの方々、ありがとうございました。」とコメントが届いている。

PANICSMILE
『A GIRL SUPERNOVA』

2009年12月2日発売
価格:2,500円(税込)
PCD-18579

amazonで購入する

CINRA presents
『exPoP!!!!! volume33』

2009年12月17日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京 渋谷O-nest

出演:
PANICSMILE
and more

料金:無料(2ドリンク別)
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。
チケット予約(PC)
チケット予約(モバイル)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年