ニュース

ジョー・ストラマーの最期をとらえた映画『レッツ・ロック・アゲイン!』を爆音上映

元クラッシュのジョー・ストラマーの最期をとらえたドキュメンタリー映画『レッツ・ロック・アゲイン!』が、1月23日から吉祥寺バウスシアターで爆音上映される。

爆音上映とは、通常の映画用と異なる音楽ライブ用の音響セッティングによって、限界まであげられた大音響の中で映画を堪能する試み。劇中で奏でられる楽器の音色や歌声などがより際立ち、その臨場感溢れる音質が観客から高い評価を得ている企画だ。

『レッツ・ロック・アゲイン!』は、2002年に急逝したジョー・ストラマーにとって最期の2年間となった期間をとらえた貴重なドキュメンタリー作品。ツアー各地でのライブやプロモーション活動、楽屋裏の様子、インタビューなどで構成されており、クラッシュ時代の張り詰めた反抗の姿勢とは異なる、ジョー・ストラマーの人間味溢れる一面を映し出している。

監督は、ジョー・ストラマーにとっては長年の友人でもあるディック・ルード。企画と製作は、ジョー・ストラマー本人が手がけていた。

なお、同映画の上映権利切れが迫っているため、今回が最期の上映になるという。1週間限定上映なのでお見逃しなく。

CINRA.NETでは、『レッツ・ロック・アゲイン!』の劇場招待券を5名様にプレゼントいたします!
お問い合わせページより、件名を「レッツ・ロック・アゲイン!招待券応募」とし、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、劇場招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2009年12月31日)。

『レッツ・ロック・アゲイン!』爆音上映

2010年1月23日(土)より一週間限定レイトショー
監督:ディック・ルード
出演:ジョー・ストラマー&メスカレロス
製作:
ジョー・ストラマー
ルシンダ・ストラマー
ディック・ルード
編集:ディック・ルード、アルノード・ジェラルディ
クラッシュ映像素材提供:ジュリアン・テンプル
配給:boid

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今