ニュース

『三億円事件』の真相に迫る、『女囚さそり』シリーズの伊藤俊也が11年ぶり監督

昭和最大のミステリーといわれている『三億円事件』の真相に迫る映画『ロストクライム -閃光-』が、2010年初夏に公開される。

『三億円事件』とは、41年前の1968年に発生した窃盗事件。現代の貨幣価値に換算すると30億円以上の現金が強奪されたにも関わらず、血を流すことなく、そして被害金も保険で補填されるなど「被害者なき鮮やかな犯罪」として知られており、犯人はいまだに捕まっていない。

映画の主人公となる若手刑事・片桐は、ある殺人事件をきっかけに定年間際の老刑事・滝口とコンビを組まされる。滝口の傍若無人な振る舞いに苛立つ片桐だったが、被害者が『三億円事件』の犯人グループの1人だということを知る。2人はやがて恐ろしい真相にたどり着き、巨大な陰謀の闇へ巻き込まれていく。

監督は映画『女囚さそり』シリーズの生みの親としても知られる伊藤俊也。『プライド・運命の瞬間』以来11年の沈黙を破っての復活となる。作家・永瀬隼介の原作を元に監督自ら事件を徹底的に調査し、事件の真相に終止符をうつ決定版として挑んだ。キャストには、片桐役に渡辺大、滝口を奥田瑛二が演じるほか、脚本は刑事ドラマの第1人者・長坂秀佳が手がけるなどそうそうたる面子が揃った。

『ロストクライム -閃光-』

2010年 初夏公開
監督:伊藤俊也
脚本:長坂秀佳
原作:永瀬隼介『閃光』(角川書店刊)
音楽:大島ミチル

キャスト:
渡辺大
奥田瑛二
川村ゆきえ
武田真治
宅麻伸
中田喜子
熊谷真実、
烏丸せつこ
かたせ梨乃
原田芳雄
夏八木勲

配給:角川映画

(画像:©2009「ロストクライム -閃光-」製作委員会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける