ニュース

批評誌『REVIEW HOUSE 03』、ゲーム批評からクラブカルチャーの動向まで徹底談義

同誌は、見開き2ページをひとつのフォーマットとして、アート、音楽、演劇、映画など幅広く展開する批評誌『REVIEW HOUSE』の第3号が、12月25日に刊行される。

約1年2ヶ月ぶりとなる最新号は、3つの特集で構成されており、特集「「批評」としてのゲーム実況動画」では、書籍『アーキテクチャの生態系』の著者である濱野智史、表象文化論の石岡良治、ゲーム評論の井上明人を招いた70000字座談会を収録。近年のゲームおよびゲーム批評の動向を、ニコニコ動画に大量にアップされている実況中継動画をも視野に入れながら考察する。

「「ノる」を分類・記述する」と題した2つめの特集では、音楽評論家の冨田明宏、DJのテクノウチ、インターネットレーベル主宰のtomadらと共に、急速に進化する近年のクラブカルチャーの動向をふまえながら、多元化する「ノる」のあり方を見つめる。

3つめの特集「エモーション:イメージー神経ー発酵」では、海外の美術批評で近年話題の「エモーション」という問題を、奈良美智、マイクロポップ、またはマンガやアニメなど日本で進化した文化に関する国内の議論と接続させながら掘り下げている。ドミニク・チェンによるテキストや展覧会『エモーショナル・ドローイング』企画者の保坂健二朗、国立西洋美術館研究員の新藤淳、表象文化論の門林岳史による座談会が収録される。

なお、表紙のアートワークは、ネットで収集したサブカルチャーの画像によって作品を生み出すアーティスト、梅沢和木によるもの。今号から書店での取り扱いに加え、amazonでも購入が可能となっている。

『Review House 03』

2009年12月25日発行予定
価格:1,500円(税込)
発行:レビューハウス編集室

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける