ニュース

批評誌『REVIEW HOUSE 03』、ゲーム批評からクラブカルチャーの動向まで徹底談義

同誌は、見開き2ページをひとつのフォーマットとして、アート、音楽、演劇、映画など幅広く展開する批評誌『REVIEW HOUSE』の第3号が、12月25日に刊行される。

約1年2ヶ月ぶりとなる最新号は、3つの特集で構成されており、特集「「批評」としてのゲーム実況動画」では、書籍『アーキテクチャの生態系』の著者である濱野智史、表象文化論の石岡良治、ゲーム評論の井上明人を招いた70000字座談会を収録。近年のゲームおよびゲーム批評の動向を、ニコニコ動画に大量にアップされている実況中継動画をも視野に入れながら考察する。

「「ノる」を分類・記述する」と題した2つめの特集では、音楽評論家の冨田明宏、DJのテクノウチ、インターネットレーベル主宰のtomadらと共に、急速に進化する近年のクラブカルチャーの動向をふまえながら、多元化する「ノる」のあり方を見つめる。

3つめの特集「エモーション:イメージー神経ー発酵」では、海外の美術批評で近年話題の「エモーション」という問題を、奈良美智、マイクロポップ、またはマンガやアニメなど日本で進化した文化に関する国内の議論と接続させながら掘り下げている。ドミニク・チェンによるテキストや展覧会『エモーショナル・ドローイング』企画者の保坂健二朗、国立西洋美術館研究員の新藤淳、表象文化論の門林岳史による座談会が収録される。

なお、表紙のアートワークは、ネットで収集したサブカルチャーの画像によって作品を生み出すアーティスト、梅沢和木によるもの。今号から書店での取り扱いに加え、amazonでも購入が可能となっている。

『Review House 03』

2009年12月25日発行予定
価格:1,500円(税込)
発行:レビューハウス編集室

amazonで購入する

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら