一条ゆかり『プライド』が舞台化、笹本玲奈と新妻聖子のW主演

一条ゆかりの漫画『プライド』の舞台化が決定。12月に日比谷・シアタークリエで上演される。

『プライド』は、月刊女性コミック誌『コーラス』で連載された作品。オペラ歌手を志す裕福な家の娘・麻見史緒と、貧しい母子家庭で育った緑川萌の2人が、対照的な背景事情を持ちながらそれぞれの夢を追い、対立する様子が描かれている。

舞台版のキャストは、史緒役に笹本玲奈、萌役を新妻聖子。脚本を、テレビドラマ『ふたりっ子』で『第15回向田邦子賞』を受賞した大石静が手がける。前売りチケットは10月から販売開始予定だ。

『プライド』

2010年12月公演予定
会場:東京 日比谷・シアタークリエ
脚本:大石静
演出:寺崎秀臣
原作:一条ゆかり『プライド』(集英社刊)
キャスト:
笹本玲奈
新妻聖子

  • HOME
  • Stage
  • 一条ゆかり『プライド』が舞台化、笹本玲奈と新妻聖子のW主演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて