銀杏BOYZの峯田和伸が三浦大輔舞台『裏切りの街』カーテンコールに登場

劇団「ポツドール」の主宰・三浦大輔が作・演出を手がけた舞台『裏切りの街』が、東京・渋谷のパルコ劇場で5月30日まで上演中。同公演の5月15日19:00の回のカーテンコールで銀杏BOYZの峯田和伸が登場することがわかった。

『裏切りの街』は、発展も希望もなく惰性で浮気を繰り返す男女の物語。キャストには秋山菜津子、松尾スズキ、田中圭、安藤サクラ、江口のりこ、米村亮太朗、古澤裕介が名を連ねている。登場人物全員の駄目さが露呈したリアルな演出が見どころだ。

峯田は、銀杏BOYZが手がけた主題歌“ピンクローター”の弾き語りを披露する予定。チケットぴあではチケットの残席ある場合のみ、公演日当日の開演3時間前まで購入が可能となっている。完売が予想されるため、早めの購入がオススメだ。

PARCO presents
『裏切りの街』

2010年5月7日(金)~5月30日(日)
休演日:5月11日、5月18日、5月25日
会場:東京 PARCO劇場

作・演出:三浦大輔
音楽:銀杏BOYZ
主題歌:銀杏BOYZ“ピンクローター”
キャスト:
秋山菜津子
田中圭
安藤サクラ
古澤裕介
米村亮太朗
江口のりこ
松尾スズキ

料金:
一般7,350円(全席指定)
学生券5,000円(当日指定席引換、要学生証提示、e+のみ取り扱い、限定枚数販売)

(画像上:峯田和伸、画像3枚目以下:撮影 谷古宇正彦)

  • HOME
  • Music
  • 銀杏BOYZの峯田和伸が三浦大輔舞台『裏切りの街』カーテンコールに登場

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて