特集 PR

『裏切りの街』松尾スズキインタビュー

『裏切りの街』松尾スズキインタビュー

インタビュー・テキスト
松井一生
写真:安野泰子

1988年に「大人計画」を旗揚げして以来、常に時代を先行してきた松尾スズキ。そんな彼が、5月7日(金)よりPARCO劇場にて公演が行われる『裏切りの街』(作・演出 三浦大輔)に出演する。現在公演中の舞台『農業少女』では野田秀樹作の戯曲を演出し、新作小説『老人賭博』は前作『クワイエットルームにようこそ」に続き芥川賞候補作になるなど、多才ぶりにますます注目が集まる彼。今回は『裏切りの街』についてのお話を軸に、幅広いテーマについてお話を伺うことができた。ユーモア感覚あふれる語り口に、時折厳しいベテランの顔を覗かせる彼の全貌に迫る。

(インタビュー・テキスト:松井一生 写真:安野泰子)

三浦君には、他の若手にはない「黒さ」を感じています

─それではまず、現在出演を控えている、演劇ユニット「ポツドール」主宰・三浦大輔さん書き下ろしの最新作『裏切りの街』について伺いたいと思います。『裏切りの街』は、無気力なフリーターと専業主婦が出会い系サイトで知り合い、互いにパートナーがいるにも関わらず不毛な浮気を繰り返す、という内容だそうですね。松尾さんは妻に裏切られるサラリーマンの役柄をされるそうですが、松尾さんご自身のサラリーマン経験も活かされそうですか?

松尾:公演前なので、まだ何とも言えませんが…。自分がかつて勤めていたのは印刷会社だったので、ちょっと役柄のイメージとは違うかもしれませんね。

─三浦さんの作品には、あらすじを見ても分かるように過激な内容のものが多く、それをリアルな演出で描くという手法に人気がありますね。

『裏切りの街』松尾スズキインタビュー

松尾:そうですね。三浦君の芝居って、観客席が物凄く地味なんですよ(笑)。まるでドキュメンタリー映画の会場みたいに、ジャンパーを着たオジサンが多い。一般的に、演劇といえば女の子の方が多く来てるのに、三浦君の舞台を初めて観た時、周りに男ばっかりでびっくりしましたよ(笑)。あれは新鮮な体験でしたね。

─同じ演劇人として、三浦さんの演劇をご覧になった感想はいかがでしたか?

松尾:どこか横並び感のある今の若手の中でも、三浦君の演劇は数少ないつきぬけたものでしたね。「普通そこまでやらんだろ!」っていうところを、軽々と乗り越えていってしまう。だから、今回も出演したいと思ったんです。例えば『夢の城』(2006年)という作品なんて、ファンタジーなのに台詞が一つもないという超冒険的な内容でした。それも岸田國士(戯曲)賞をとった後(裏風俗店での乱交パーティに集う男女の会話を、超リアルな会話で描いた『愛の渦』で2006年に同賞を受賞)でやっちゃうんですよ。そういうことをやるイタズラな気持ち、悪意と言えばいいのかな、そこに他の若手にはない「黒さ」を感じています。

Page 1
次へ

イベント情報

パルコ・プロデュース
『裏切りの街』

2010年5月7日(金)〜2010年5月30日(日)
会場:東京 PARCO劇場
※大阪、福岡でも公演あり

作・演出:三浦大輔

キャスト:
秋山菜津子
田中圭
安藤サクラ
古澤裕介
米村亮太朗
江口のりこ

松尾スズキ

料金:
一般7,350円(全席指定・税込)
学生券5,000円(当日指定席引換・要学生証提示・イープラスのみ取扱。限定枚数販売)

チケット一般発売日:2010年3月13日(土)

企画・製作 株式会社パルコ

プロフィール

松尾スズキ

1962年福岡県生まれ。1988年「大人計画」旗揚げ、作・演出・俳優を務める。1997年『ファンキー!〜宇宙は見える所までしかない〜』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。小説、エッセイの分野でも活躍し、『大人失格』『宗教が往く』『中年入門』など著書多数。2006年、小説『クワイエットルームにようこそ』が第134回芥川賞候補、最新作『老人賭博』で第142回同賞候補。2004年秋、劇場用映画の初監督作『恋の門』が公開。同作はヴェネチア国際映画祭に出品され大きな反響を呼んだ。監督第2作『クワイエットルームにようこそ』が2007年公開。同年4月公開作『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 』では脚本を担当し、第31回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。2010年3月、野田秀樹作『農業少女』で演出を担当。同年5月より三浦大輔(ポツドール)作・演出作品『裏切りの街』に出演予定。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」