ヴァン・ダイク・パークスが11年ぶり来日、『De La FANTASIA 2010』第1弾出演者に5組

昨年秋に初開催された音楽イベント『De La FANTASIA』が今年も開催決定。今回は会場を東京・新木場Studio Coastに移して行なわれることがわかった。

2回目となる今回のテーマは「ポップ・レジェンド」。アメリカの音楽シーンで重要な役割を果たしてきた伝説のプロデューサー・編曲家として知られ、アメリカン・ポップスの至宝と讃えられるヴァン・ダイク・パークスによる11年ぶりの来日公演を中心に展開される。

パークスと舞台を共にする出演者は、クレア・マルダー率いるクレア・アンド・ザ・リーズンズをはじめ、パークスも参加予定のソロアルバムをレコーディング中の細野晴臣、『DLF10』のために高橋幸宏、宮内優里、高野寛、権藤知彦の4人によって結成されたスペシャルユニット、若手アーティストの中でも頭角を現しているトクマルシューゴの計5組が決定。今後も追加発表を予定している。

チケットの一般発売は10月16日からスタート。チケットの先行販売も予定されており、詳細は後日発表される。


『De La FANTASIA 2010 –デ・ラ・ファンタジア2010 「ポップ・レジェンド」-』

2010年11月21日(日) OPEN 15:00 / START 16:00
会場:東京都 新木場Studio Coast

出演:
ヴァン・ダイク・パークス
細野晴臣
高橋幸宏+宮内優里+高野寛+権藤知彦
クレア・アンド・ザ・リーズンズ
トクマルシューゴ
and more

料金:前売 スタンディング7,500円 2F指定8,500円(共にドリンク別)

(画像上から:ヴァン・ダイク・パークス、細野晴臣、クレア・アンド・ザ・リーズンズ、トクマルシューゴ)

  • HOME
  • Music
  • ヴァン・ダイク・パークスが11年ぶり来日、『De La FANTASIA 2010』第1弾出演者に5組

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて