detune.のメンバーら新ユニットデビュー作、作詞に西島大介、岸野雄一が参加

世代を超えた「音楽のための新ユニット」、グレンスミスの1stアルバム『Roman Album』が11月10日に発売される。

グレンスミスは、HEADZからアルバムをリリースしているdetune.の郷拓郎と石塚周太、ソロに加えイトケンらとのユニット「図書館」も好評な宮崎貴士、そして元フリーボの廣瀬方人の4人からなるユニットだ。

同作では、ほぼ全曲を宮崎と郷の共作曲という形をとり、1曲1曲の中に膨大なメロディが詰め込まれたポップアルバムとして実を結んでいる。作詞を、漫画家の西島大介、スタディストの岸野雄一、「図書館」にも作詞で参加する足立守正が担当。日本におけるブリティッシュポップス確立のため、世代や背景を超えた才能が集積した1枚と言えるだろう。

今のところMySpaceなどは開設されていないが、Youtubeでアルバム冒頭を飾る「泣き虫モンスター」のPVが公開されている。一羽の鳥が静かに飛び立つ姿のような、素晴らしき1枚を予感させるには十分な名曲だ。

グレンスミス
『Roman Album』

2010年11月10日発売
価格:2,310円(税込)
MYRD-14

1. 泣き虫モンスター
2. monopolized the playroom
3. 10年前
4. 最後の散歩
5. ファンタジーに気をつけろ
6. エチュード
7. センセートセート
8. mimi
9. YES
10. ママ、行方知れず。

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • detune.のメンバーら新ユニットデビュー作、作詞に西島大介、岸野雄一が参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて