ニュース

巻上公一と天鼓プロデュース、声の可能性に迫る前例のないフェス『ヴォイスの挑戦』

巻上公一と天鼓のプロデュースのフェスティバル『FESTIVAL NEO-VOICE #1 ヴォイスの挑戦』が、3月29日から31日までの3日間、青山円形劇場で開催される。

ヒカシューの巻上公一とボイスパフォーマーの天鼓による同イベントは、声になにができるのか、その可能性にスポットをあてたこれまでに例のないフェスティバル。

初日の29日は、ボイスパフォーマンスを特集。音楽ともダンスとも芝居とも定義しがたい「声」による表現を、巻上公一、天鼓に加え、灰野敬二、吉田アミ、徳久ウィリアムらが披露する。30日は、アルタイ山脈周辺に残る伝統歌唱法「カイ」の名手ボロット・バイルシェフを招き、梅津和時などを交えた貴重なライブが行われる。最終日の31日は、「七色ボイスの妖精」ことおおたか静流を迎えた巻上公一の超歌謡ショーを開催。3日間とも全く異なる内容ながら、巻上と縁深いメンバーが一堂に会する生の振動を感じる強烈な体験となるだろう。

チケットはe+、巻上公一オフィスのサイトにて発売中だ。なお、30枚限定の通し券は巻上公一オフィスのみの販売となっている。

『FESTIVAL NEO-VOICE #1 ヴォイスの挑戦』

2010年3月29日(月)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:青山円形劇場

出演:
天鼓
さがゆき
蜂谷真紀
巻上公一
灰野敬二
吉田アミ(ボイス・パフォーマンス)
ボイスムービー:
鈴木美紀子
徳久ウィリアム
サネマツアキラ
檜山ゆうこ
映像:遠藤正典 

料金:
一般 前売4,000円 当日4,500円
学生 前売3,000円 当日3,500円

2010年3月30日(火)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:青山円形劇場

出演:
ボロット・バイルシェフ(アルタイのカイ)
梅津和時(バスクラリネット)
サポート:佐藤正治(パーカッション)
トーク:
田口ランディ
巻上公一 
ホーメイ交響詩:
山川冬樹(ホーメイ)with チャクルパホーメイ
指揮:巻上公一

料金:
一般 前売4,500円 当日5,000円
学生 前売3,500円 当日4,000円

2010年3月31日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:青山円形劇場

出演:
佐藤芳明(アコーディオン)
四家卯大(チェロ)
三田超人(ギター)
清水一登(ピアノ、バスクラリネット)
坂出雅海(ベース)
佐藤正治(ドラムス)
ボイスオペラ:
富士栄秀也
伊宝田隆子
貞森裕子
ほいの
天鼓

料金:
一般 前売4,000円 当日4,500円
学生 前売3,000円 当日3,500円

3日間通し券 10,000円(30枚限定 巻上公一オフィスのみで販売)

(画像上:天鼓、画像中:灰野敬二、画像下:ボロット・バイルシェフ)

天鼓
天鼓
灰野敬二
灰野敬二
ボロット・バイルシェフ
ボロット・バイルシェフ
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで