ニュース

ニコラス・ケイジが悪徳刑事役、問題作をリメイクした『バッド・ルーテナント』

ニコラス・ケイジ主演映画『バッド・ルーテナント』が、2月27日より全国公開される。同映画は、1992年にアメリカを皮切りに世界で公開され、その暴力性と宗教描写が瞬く間に話題になった『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』のリメイク作。

舞台はハリケーン・カトリーナが襲来した直後のニューオリンズ。逃げ遅れた囚人を救出したことで警部補へ昇進した刑事・テレンス(ニコラス・ケイジ)は、一方で恋人の娼婦・フランキー(エヴァ・メンデス)と共にドラッグや賭博に溺れていた。ある日、不法移民の一家5人が惨殺された事件の陣頭指揮を執ることになるが、事態は思わぬ方向へと転がっていく。

監督を務めるのはニュー・ジャーマン・シネマの旗手、ヴェルナー・ヘルツォーク。そして名優、ニコラス・ケイジが主人公に抜擢され、エヴァ・メンデス、ヴァル・キルマーら実力派俳優が脇を固める。

『バッド・ルーテナント』

2010年2月27日(土) 恵比寿ガーデンシネマほか全国ロードショー

監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本:ウィリアム・M・フィンケルスタイン
キャスト:
ニコラス・ケイジ
エヴァ・メンデス
ヴァル・キルマー
アルヴィン・イグジビット・ジョイナー
配給:プレシディオ

(画像:©2009 LIEUTENANT PRODUCTIONS,INC.)

©2009 LIEUTENANT PRODUCTIONS,INC.
©2009 LIEUTENANT PRODUCTIONS,INC.
©2009 LIEUTENANT PRODUCTIONS,INC.
©2009 LIEUTENANT PRODUCTIONS,INC.
©2009 LIEUTENANT PRODUCTIONS,INC.
©2009 LIEUTENANT PRODUCTIONS,INC.
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う 1

    King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

  2. 血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開 2

    血まみれのスタローンが弓矢を構える 『ランボー』最終章の場面写真公開

  3. 佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク 3

    佐藤健『るろ剣』伊勢谷友介、土屋太鳳ら集合ポスター 主題歌はワンオク

  4. テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら 4

    テレ東『浦安鉄筋家族』追加キャストに染谷将太、大東駿介、松井玲奈ら

  5. 『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も 5

    『装苑』サステナブル特集で菅田将暉&小松菜奈が共演、綾野剛や玉森裕太も

  6. 『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性 6

    『スカーレット』が描いた自由と不自由の葛藤、「逸脱」の可能性

  7. downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る 7

    downy、音楽家たちに愛された20年 ミトら同志7人の手紙から辿る

  8. モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場 8

    モーサム百々の「つぶやき厳禁&酩酊」イベントに、のんが登場

  9. Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に 9

    Mr.Childrenの新曲“The song of praise”が日テレ『ZIP!』新テーマ曲に

  10. Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露 10

    Foorin“パプリカ”の新ダンス完成、NHK『みんなの卒業式』で披露