ニュース

L・ベッソン制作、トラボルタ主演の最新サスペンス・アクション映画『パリより愛をこめて』

映画『TAXi』『トランスポーター』『96時間』で知られる名コンビ、リュック・ベッソンとピエール・モレルが原案と監督を務めるサスペンス・アクション映画『パリより愛をこめて』が、5月15日より全国公開される。

パリのエリート米大使ジェームズ・リースは、CIAの見習い捜査官という裏の顔を持つ男。謎の犯罪組織に立ち向かう重大任務に張り切るリースを、任務を全うするためには手段を選ばない危険すぎる相棒・ワックスが待ち受けていた。生き方も考え方も正反対の二人がパリを舞台に巨大犯罪組織を追う。

人を撃てない見習い捜査官ジェームズ・リース役は、アクション超大作『M:i:III』から、ウディ・アレン監督の話題作『マッチポイント』まで、様々な役どころを完璧に演じ分けるジョナサン・リース・マイヤーズ。一方、手段を選ばない危険な男ワックス役は、『サタデー・ナイト・フィーバー』や『サブウェイ123 激突』など精力的な活動を続け、ハリウッドを代表するトップスター、ジョン・トラボルタが務める。

リュック・ベッソン、ピエール・モレルの最強タッグが、進化したアイデアとスケールで切り開く新境地に踏み入れてみよう。

CINRA.NETでは、4月26日(月)18:30(開場18:00)から東京・一ツ橋ホールで行われる『パリより愛をこめて』一般試写会に5組10名様をご招待いたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名を「パリより愛をこめて試写会応募」とし、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、試写会招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2010年4月11日)

『パリより愛をこめて』

2010年5月15日(土)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
監督:ピエール・モレル
原案:リュック・ベッソン
キャスト:
ジョン・トラボルタ
ジョナサン・リース・マイヤーズ
カシア・スムトゥニアク
配給:ワーナー・ブラザース映画

(画像:©2009 EUROPACORP - M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAÏ PROD)

©2009 EUROPACORP - M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAÏ PROD
©2009 EUROPACORP - M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAÏ PROD
©2009 EUROPACORP - M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAÏ PROD
©2009 EUROPACORP - M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAÏ PROD
©2009 EUROPACORP - M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAÏ PROD
©2009 EUROPACORP - M6 FILMS – GRIVE PRODUCTIONS – APIPOULAÏ PROD
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける