ニュース

阪神大震災の記憶を問う10年後の旅、関西映画シーン注目株集結映画『にくめ、ハレルヤ!』

阪神大震災から10年後の街を舞台に、1人の青年と少女による逃避行を描いた映画『にくめ、ハレルヤ!』が、6月26日から渋谷UPLINK Xで公開される。

阪神大震災で両親を亡くしながらも、伯父の家に引き取られ平穏に暮らしてきた青年・裕人は、認知症が進行してきた祖母の口から、あの時瓦礫の街に「サキ」という妹がいたと聞かされる。そんな中、裕人は街中で自分と似た境遇の少女・沙樹と出会う。沙樹は自分の妹「サキ」なのか。一時は薄らいでいた震災の記憶が蘇り、裕人は沙樹を連れた逃避行をはじめる。

主演の裕人役には万田邦敏監督の『×4』での好演も話題を呼んだ苧坂淳。沙樹役に多数のドラマなどで人気を集め、本作が映画初出演作となる藤本七海。また、監督である大阪芸術大学出身の板倉善之をはじめ、撮影を『堀川中立売』『君と歩こう』などの高木風太、音響を自身も『GHOST OF YESTERDAY』などを監督する松野泉、また『夜光』の監督、桝井孝則がスタッフとして参加するなど、制作陣に関西インディペンデント映画シーンの注目人物が多数名を連ねている。

なお本作は、大阪市の映像文化事業『CO2』第二回の企画制作部門において制作された作品だ。企画選考会において阪神大震災をテーマとして扱うことが論議を呼んだが、選考委員の1人である黒沢清監督より高い評価を得ている。

『にくめ、ハレルヤ!』

2010年6月26日より渋谷UPLINK Xにてロードショー
監督・脚本・編集:板倉善之
キャスト:
苧坂淳
藤本七海
長綾美
デカルコ・マリィ
渡辺大介
平松実季
西村仁志
谷口勝彦
森川法夫
木村文洋
絵沢萠子(特別出演)
配給・宣伝:カプリコンフィルム

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開