ニュース

福満しげゆき、初の活字本に小規模な人生論&単行本未収録漫画を収録

漫画家・福満しげゆきによる初の活字本『グラグラな社会とグラグラな僕のまんが道』が、5月25日にフィルムアート社から刊行される。

福満は『アックス』で連載していた半自伝作品『僕の小規模な失敗』で注目を集め、現在は週刊『モーニング』で連載を持つ人気漫画化。妬みや自信が持てない心の弱さなどのネガティブな感情を、隠すことなく赤裸々に描く作風で知られている。

『グラグラな社会とグラグラな僕のまんが道』には、モテないことがただひたすら辛かった暗黒青春時代や、漫画家の道を順当に歩んでいるのにも関わらず不安に駆られる心理状況、自分以外の売れている漫画家の妬みなどを軸に、不景気な現代の格差社会の中で著者がどうやってしのいでいくのかといったグラグラした心境がひたすらに語られている。なお、インタビューと構成は渋谷直角が手がけている。

また、『週刊SPA!』に連載されていた映画DVDについての連載『僕の小規模な感想文』のよりぬきや、音楽雑誌『SNOOZER』に掲載されていた全7回の1ページ漫画、漫画雑誌『ジャンプSQ.』に掲載された4コマ作品なども収録。これまで単行本に収録されなかった福満の作品を一度に楽しむことができる。

福満しげゆき
『グラグラな社会とグラグラな僕のまんが道』

2010年5月25日発売
著者:福満しげゆき
価格:1,260円(税込)
発行:フィルムアート社

amazonで購入する

福満しげゆき『グラグラな社会とグラグラな僕のまんが道』
福満しげゆき『グラグラな社会とグラグラな僕のまんが道』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開