ニュース

勢いで全国大会に望む即席ソフトボール部の奮闘、青春エンタメ『ソフトボーイ』

勢いで結成した素人ソフトボールチームが奮闘する青春エンターテインメント映画『ソフトボーイ』が、6月19日から公開される。

皆それぞれに将来への思いを巡らせる高校最後の夏。そんなある日、密かにフレンチのシェフを夢見ていたオニツカのもとに、幼馴染のノグチがとんでもないアイデアとともに襲来する。それは、県内に男子ソフトボール部が1校もないという盲点をついて、ソフトボールで全国大会に出るという唐突な企てだった。勢いでさっそくソフト部を設立するが、女子生徒9割という学内でかき集められたメンバーは、キャッチボールすらまともに出来ない素人集団。「ソフトなんて女子がやるもの」と完全にナメ切っていた部員たちだが、練習を重ねるうちに真剣さが高まっていく。しかし、そんなデコボコチームがまとまりかけたとき、あるとんでもない事実が判明してしまう。

オニツカを演じるのは、映画『ライアーゲーム』『ソラニン』など話題作に出演し、本作が映画初主演となった永山絢斗。強烈なバイタリティでオニツカを振り回すノグチ役を賀来賢人が演じる。

実在する佐賀県の高校で本当にあったエピソードをベースに、仲間と自分を信じて前向きにチャレンジしていく姿が瑞々しく描かれている。

『ソフトボーイ』

2010年6月19日全国ロードショー
監督:豊島圭介
脚本:林民夫
主題歌:倉木麻衣“chance for you”
キャスト:
永山絢斗
賀来賢人
波瑠
大倉孝二
配給:東映

(画像:©2010「ソフトボーイ」製作委員会)

©2010「ソフトボーイ」製作委員会
©2010「ソフトボーイ」製作委員会
©2010「ソフトボーイ」製作委員会
©2010「ソフトボーイ」製作委員会
©2010「ソフトボーイ」製作委員会
©2010「ソフトボーイ」製作委員会
©2010「ソフトボーイ」製作委員会
©2010「ソフトボーイ」製作委員会
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年