ニュース

ベトナム戦争をテーマにした伝説のドキュメンタリー映画2本が日本初公開

ベトナム戦争の真実に迫った特集映画『映画で見るベトナム戦争の真実』が、6月19日から東京都写真美術館ホールにて上映される。

多くの人にとって過去の歴史となったベトナム戦争。その貴重な教訓に学ぶことなく、アフガニスタンやイラクをはじめ、現在も戦争による悲劇が世界の各地で繰り返されている。今回の特集上映では、戦争を終わらせるための勇気と熱意から生まれたドキュメンタリー映画を上映。いずれもベトナム戦争が泥沼化していた際に、映画の力と影響力を信じて作られたものだ。

上映されるのは、戦争を俯瞰から捉え、その原因、歴史、悲劇、無意味さといった全貌を客観的に描いた『ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実』と、帰還兵たちの驚くべき証言を暴露し、戦場での狂気を内面からえぐった『ウィンター・ソルジャー/ベトナム帰還兵の告白』の2作品。

それぞれ対極的な2作品は、相乗効果によってベトナム戦争の実像を立体的に浮かび上がらせるだけでなく「人間と人間が殺しあう」というすべての戦争の犯罪的な本質に迫っている。命がけで撮られた実の映像と言葉は、より鮮烈に私たちの胸に届くだろう。戦争に立ち向かった人々の魂の叫びにぜひ耳を傾けてほしい。

『映画で見るベトナム戦争の真実』

2010年6月19日(土)より東京都写真美術館ホールにて公開

『ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実』

監督・製作:ピーター・デイヴィス
製作:バート・シュナイダー
撮影・製作補:リチャード・ピアース
編集:リンジー・クリングマン、スーザン・マーティン
製作補・録音:トム・コーエン
リサーチ:ブレナン・ジョーンズ
配給:エデン

『ウィンター・ソルジャー ベトナム帰還兵の告白』

製作・撮影:
フレッド・アロノウ
ロバート・フィオーレ
デヴィッド・ギリス
デヴィッド・グルービン
マイケル・レザー
配給:エデン

(画像上から1、2:『ハーツ・アンド・マインズ』、画像3、4:『ウィンター・ソルジャー ベトナム帰還兵の告白』)

『ハーツ・アンド・マインズ』
『ハーツ・アンド・マインズ』
『ハーツ・アンド・マインズ』
『ハーツ・アンド・マインズ』
『ウィンター・ソルジャー ベトナム帰還兵の告白』
『ウィンター・ソルジャー ベトナム帰還兵の告白』
『ウィンター・ソルジャー ベトナム帰還兵の告白』
『ウィンター・ソルジャー ベトナム帰還兵の告白』
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年