ニュース

清涼感溢れるハイトーンボイスで話題のOver The Dogsが初の全国流通盤リリース

清涼感溢れるハイトーンボイスが絶賛されているOver The Dogsが、6月9日に初の全国流通盤となるアルバム『A STAR LIGHT IN MY LIFE』をリリースする。

Over The Dogsは、2002年に東京・福生で結成。2004年にボーカル・荻野彰が急逝するものの、当時ドラムだった恒吉豊がボーカルに転向し、幾度かのメンバーチェンジを経て現在の5人編成で活動している。

2007年に発表した自主制作アルバム『福生ラバーソールレコード』は2000枚を完売。昨年10月に新宿Marbleで行ったワンマンライブはソールドアウトを記録するなど、ここへきて話題沸騰。また、ファンである宮川涙が書いた、Over The Dogsの実話を織り交ぜたケータイ小説『未来少年~オギノアキラニタイムマシンヲ~』が、魔法のiらんど大賞で部門1位、総合3位に輝くなど、その噂は多方面に拡散中だ。

今回リリースされる『A STAR LIGHT IN MY LIFE』には、太宰治の『走れメロス』からインスピレーションを受けた“マルデメロス”や、同じく『斜陽』からインスピレーションを受けた“みぎてひだりて”など、独特の視点で描かれた14曲を収録。現在YouTubeでは、収録曲“ラバーボーイラバーガール”のPVの先行配信も行われている。

6月19日には渋谷eggmanにて、アルバム発売記念となるワンマンライブも開催。各プレイガイド、ウェブサイトからの通信販売、ライブ会場でチケットを購入すると“マルデメロス”のPVを収録したDVDもプレゼントされる。

Over The Dogs
『A STAR LIGHT IN MY LIFE』

2010年6月9日発売
価格:2,100円
Waikiki Record MDTR-002

1. A STAR LIGHT IN MY LIFE
2. マルデメロス
3. みぎてひだて
4. サカナカナナニカナ
5. 彼女によろしく
6. 地球生命体
7. セロリは嫌い
8. 蟻と少年と内緒事
9. ロックンロールは簡単だ
10. もしも僕がシェフなら
11. 星に何万回
12. おとぎ話
13. ラバーボーイラバーガール
14. 最大幸愛数

amazonで購入する

『A STAR LIGHT IN MY LIFE発売記念ワンマンライブ

2010年6月19日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:渋谷eggman
出演:
Over The Dogs
BAND A(オープニングアクト)
料金:前売2,000円 当日2,500円(ドリンク別)

Over The Dogs
Over The Dogs
Over The Dogs『A STAR LIGHT IN MY LIFE』
Over The Dogs『A STAR LIGHT IN MY LIFE』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開