ニュース

板尾創路が井口昇監督新作『電人ザボーガー』主演、総制作費3億円の大作に

板尾創路が、来春公開される井口昇監督新作映画『電人ザボーガー』の主演を務めることがわかった。

『電人ザボーガー』は、1974年から放送されたピー・プロダクション制作の特撮テレビ番組。秘密殺人強盗機関Σ(シグマ)から地球の平和を守るため、多彩な格闘術と「怒りの電流」を駆使しながら、亡き父が作った変形型バイクロボット「ザボーガー」と共に日々闘い続ける特撮ヒーローの活躍が描かれる。

作品は「青年期の章」「熟年期の章」の2部作で構成され、板尾は「熟年期の章」の主人公の大門豊役を演じる。対となる「青年期の章」では「炎神戦隊ゴーオンジャー」などで活躍中の古原靖久が大門役に抜擢されている。

監督の井口は、映画『片腕マシンガール』『ロボゲイシャ』で国内だけでなく海外から圧倒的な支持を受けており、『電人ザボーガー』ではこれまでの井口作品の中でも最高額となる3億円の総製作費をかけることでも注目を集めている。

板尾は同作について「映画版は2部に分かれていて、自分は25年後の後半の大門豊を演じるので、前半の大門を超える位の大門を演じきりたいと思っています。」とコメント。井口は「当時のファンには喜んでもらい、なおかつ今の世代の人たちにも受け入れてもらえるような壮大なる特撮オペラを完成させます。板尾さんのアクションも無茶苦茶凄いのでご期待ください!」と意気込みを語っている。

大門以外のキャストには敵のΣの総帥、悪ノ宮博士に柄本明、その手下ミスボーグに山崎真実、主人公と共に悪を追う刑事を渡辺裕之、大門の父・大門勇を竹中直人が演じるほか、宮下雄也や佐津川愛美が意外な役どころに挑むという。またの怪演にも期待。公開は2011年春を予定している。

『電人ザボーガー』

2011年春 2部作合体全国ロードショー
監督:井口昇
キャスト:
板尾創路
古原靖久
柄本明
山崎真実
渡辺裕之
宮下雄也
佐津川愛美
竹中直人
配給:日活

(画像上:©2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ、画像下:テレビ版『電人ザボーガー』©ピー・プロダクション)

©2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ
©2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ
テレビ版『電人ザボーガー』©ピー・プロダクション
テレビ版『電人ザボーガー』©ピー・プロダクション
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生