ニュース

ひとつ屋根の下で始まる3人の共同生活、阿川佐和子作品初の映画化『スープ・オペラ』

阿川佐和子の小説を瀧本智行が大胆に脚色した映画『スープ・オペラ』が、10月に公開される。

物語の主人公は35歳の独身女性・ルイ。女手ひとつで育ててくれた叔母のトバちゃんが還暦を前に突然恋に落ちて出奔し、ひとりぼっちになったルイの住む古い家に、ひょんなことから2人の男が転がり込んでくる。初老だけどモテモテの「自称画家」トニーさんと、いつも笑顔の雑誌編集者の康介。ひとつ屋根の下で3人の奇妙な共同生活がはじまる。

監督は『犯人に告ぐ』『イキガミ』など話題作を世に送り出し続ける瀧本智行。主演は、映画、ドラマ、舞台などで活躍し、一作ごとに新境地を開き続ける坂井真紀。共演には、映画初主演作となった『愛のむきだし』で毎日映画コンクール新人賞などを受賞し、男女7人のパフォーマンスグループ「AAA」のメンバーとしても活躍する西島隆弘をはじめ、ジャンルを問わず幅広く活躍する藤竜也、本作で強さと愛情を溢れんばかりに併せもつトバちゃん役を情感たっぷりに演じている加賀まりこなど、豪華俳優陣がこれまでにない魅力を放つ。

原作者の阿川が「私がいちばん大事にしたいと思っていた空気、この風変わりな登場人物たちを取り巻くいとおしい空気が、映画になって、こんな魅力溢れる家のなかで、光や音や色とともに甦りました」と語るあたたかでウィットに富んだ世界をぜひスクリーンで堪能してほしい。

『スープ・オペラ』

2010年10月、シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー他全国ロードショー
監督:瀧本智行
原作:阿川佐和子『スープ・オペラ』(新潮文庫刊)
キャスト:
坂井真紀
西島隆弘(AAA)
加賀まりこ
藤竜也

配給:プレノンアッシュ

(画像:©スープの会)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開