ニュース

JAGDA年鑑作品300点を一挙に紹介する企画展『日本のグラフィックデザイン2010』

グラフィックデザイナーの全国組織・JAGDAが主催する企画展『日本のグラフィックデザイン2010』が、東京ミッドタウン・デザインハブで6月18日から開催される。

JAGDA(社団法人日本グラフィックデザイナー協会)は、約2,800名の会員を擁する日本で唯一のグラフィックデザイナーの全国組織。年鑑の発行や、展覧会やシンポジウムの開催、デザイン教育、地域振興、会員の権利保全や福利厚生までと多岐に渡った活動を行っている。

同展は、2010年版デザイン年鑑の発行を記念して、掲載作品の中から約300点を実物と映像で展示。身近な雑貨から、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、広告やショップの空間デザインに至るまで、世界に誇る日本のグラフィックデザインの現在を知ることができるだろう。

また、会期中はJAGDA賞2010を受賞したクリエイターを迎えてのトークショーも行われるので、ぜひ参加してみてほしい。

東京ミッドタウン・デザインハブ第22回企画展
『日本のグラフィックデザイン2010』

2010年6月18日(金)~7月25日(日)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
時間:11:00~19:00
料金:無料

関連イベント

レセプションパーティー

2010年6月18日(金)
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
時間:19:00~20:30

JAGDA賞2010受賞者によるトークショー

会場:インターナショナル・デザイン・リエゾンセンター

2010年6月25日(金)19:30~21:00
出演:浅葉克己

2010年7月1日(木)19:00~20:30
出演:仲條正義

2010年7月15日(木)19:00~20:30
出演:植原亮輔、渡邉良重

2010年7月22日(木)19:00~20:30
出演:澁谷克彦
聞き手:永井裕明(『Graphic Design in Japan 2010』編集長)
定員:80名
料金:各回1,000円(JAGDA会員・フレンドメンバーは無料)
申込:DESIGN HUBウェブサイトから受付

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

THE CARTERS“APES**T”

THE CARTERS“APES**T”MV。「世界で最も稼ぐカップル」JAY-Zとビヨンセがルーヴル美術館を貸し切りにして撮影。『モナ・リザ』『サモトラケのニケ』といったマスターピースの前でラップし、踊る2人の姿を映したカットは、どれも芸術作品のように美しい。歴史的な名画の数々を撮影用の小道具に変えてしまう夫婦、恐るべし。(久野)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現