ニュース

世界最大級の舞台芸術フェスティバルで、快快が日本人初の新人賞を受賞

スイス・チューリッヒで開催された世界最大級の舞台芸術フェスティバル『チューリヒ・シアター・スペクタクル(Zurcher Theater Spektakel)』にて、東京の演劇制作チーム「快快」の公演『My name is I LOVE YOU』が、新人アーティストや劇団に贈られる賞『ZKB Patronage Prize』を受賞した。

国際交流基金『Performing Arts Network Japan』のウェブサイトによると、チューリヒ・シアター・スペクタクルは、チューリッヒのカントン銀行のバックアップにより1980年にスタート。以来、30年近く世界中のアーティストやカンパニーが参加しており、会期中はチューリッヒ湖畔の公園を開放するなど、市民が舞台芸術に触れ合う環境づくりにも精力的だという。

今回快快が受賞した『ZKB Patronage Prize』は、1996年から創設された賞。アーティストの未来の活動を支援し、受賞賞金として30,000スイスフラン(約250万円)が授与される。同賞を受賞するのは日本人として初となる。なお、今回日本からは、チェルフィッチュ、快快、庭劇団ペニノの3グループが参加していた。

快快は、俳優や脚本家、演出家はもちろん、デザイナーや振付家、スタイリストなどが所属する演劇制作チーム。演劇だけではなく、ダンスや映像、パーティ、イベントの企画制作など多岐に渡った活動を続けており、2008年には世田谷区が主催する『世田谷区芸術アワード“飛翔”』舞台芸術部門を受賞。その後積極的な海外進出や、BCCKSによるウェブ書籍を実際の本にするプロジェクト『天然文庫の100冊』シリーズからの書籍リリースなど、活動の幅を広げ続けている。

世界から認められた快快が次に目指すのは、どういった表現なのか。演劇界隈を飛び越えたその今後の活動に、期待が高まっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生