ニュース

世界最大級の舞台芸術フェスティバルで、快快が日本人初の新人賞を受賞

スイス・チューリッヒで開催された世界最大級の舞台芸術フェスティバル『チューリヒ・シアター・スペクタクル(Zurcher Theater Spektakel)』にて、東京の演劇制作チーム「快快」の公演『My name is I LOVE YOU』が、新人アーティストや劇団に贈られる賞『ZKB Patronage Prize』を受賞した。

国際交流基金『Performing Arts Network Japan』のウェブサイトによると、チューリヒ・シアター・スペクタクルは、チューリッヒのカントン銀行のバックアップにより1980年にスタート。以来、30年近く世界中のアーティストやカンパニーが参加しており、会期中はチューリッヒ湖畔の公園を開放するなど、市民が舞台芸術に触れ合う環境づくりにも精力的だという。

今回快快が受賞した『ZKB Patronage Prize』は、1996年から創設された賞。アーティストの未来の活動を支援し、受賞賞金として30,000スイスフラン(約250万円)が授与される。同賞を受賞するのは日本人として初となる。なお、今回日本からは、チェルフィッチュ、快快、庭劇団ペニノの3グループが参加していた。

快快は、俳優や脚本家、演出家はもちろん、デザイナーや振付家、スタイリストなどが所属する演劇制作チーム。演劇だけではなく、ダンスや映像、パーティ、イベントの企画制作など多岐に渡った活動を続けており、2008年には世田谷区が主催する『世田谷区芸術アワード“飛翔”』舞台芸術部門を受賞。その後積極的な海外進出や、BCCKSによるウェブ書籍を実際の本にするプロジェクト『天然文庫の100冊』シリーズからの書籍リリースなど、活動の幅を広げ続けている。

世界から認められた快快が次に目指すのは、どういった表現なのか。演劇界隈を飛び越えたその今後の活動に、期待が高まっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年