ニュース

世界最大級の舞台芸術フェスティバルで、快快が日本人初の新人賞を受賞

スイス・チューリッヒで開催された世界最大級の舞台芸術フェスティバル『チューリヒ・シアター・スペクタクル(Zurcher Theater Spektakel)』にて、東京の演劇制作チーム「快快」の公演『My name is I LOVE YOU』が、新人アーティストや劇団に贈られる賞『ZKB Patronage Prize』を受賞した。

国際交流基金『Performing Arts Network Japan』のウェブサイトによると、チューリヒ・シアター・スペクタクルは、チューリッヒのカントン銀行のバックアップにより1980年にスタート。以来、30年近く世界中のアーティストやカンパニーが参加しており、会期中はチューリッヒ湖畔の公園を開放するなど、市民が舞台芸術に触れ合う環境づくりにも精力的だという。

今回快快が受賞した『ZKB Patronage Prize』は、1996年から創設された賞。アーティストの未来の活動を支援し、受賞賞金として30,000スイスフラン(約250万円)が授与される。同賞を受賞するのは日本人として初となる。なお、今回日本からは、チェルフィッチュ、快快、庭劇団ペニノの3グループが参加していた。

快快は、俳優や脚本家、演出家はもちろん、デザイナーや振付家、スタイリストなどが所属する演劇制作チーム。演劇だけではなく、ダンスや映像、パーティ、イベントの企画制作など多岐に渡った活動を続けており、2008年には世田谷区が主催する『世田谷区芸術アワード“飛翔”』舞台芸術部門を受賞。その後積極的な海外進出や、BCCKSによるウェブ書籍を実際の本にするプロジェクト『天然文庫の100冊』シリーズからの書籍リリースなど、活動の幅を広げ続けている。

世界から認められた快快が次に目指すのは、どういった表現なのか。演劇界隈を飛び越えたその今後の活動に、期待が高まっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける