ニュース

世界最大級の舞台芸術フェスティバルで、快快が日本人初の新人賞を受賞

スイス・チューリッヒで開催された世界最大級の舞台芸術フェスティバル『チューリヒ・シアター・スペクタクル(Zurcher Theater Spektakel)』にて、東京の演劇制作チーム「快快」の公演『My name is I LOVE YOU』が、新人アーティストや劇団に贈られる賞『ZKB Patronage Prize』を受賞した。

国際交流基金『Performing Arts Network Japan』のウェブサイトによると、チューリヒ・シアター・スペクタクルは、チューリッヒのカントン銀行のバックアップにより1980年にスタート。以来、30年近く世界中のアーティストやカンパニーが参加しており、会期中はチューリッヒ湖畔の公園を開放するなど、市民が舞台芸術に触れ合う環境づくりにも精力的だという。

今回快快が受賞した『ZKB Patronage Prize』は、1996年から創設された賞。アーティストの未来の活動を支援し、受賞賞金として30,000スイスフラン(約250万円)が授与される。同賞を受賞するのは日本人として初となる。なお、今回日本からは、チェルフィッチュ、快快、庭劇団ペニノの3グループが参加していた。

快快は、俳優や脚本家、演出家はもちろん、デザイナーや振付家、スタイリストなどが所属する演劇制作チーム。演劇だけではなく、ダンスや映像、パーティ、イベントの企画制作など多岐に渡った活動を続けており、2008年には世田谷区が主催する『世田谷区芸術アワード“飛翔”』舞台芸術部門を受賞。その後積極的な海外進出や、BCCKSによるウェブ書籍を実際の本にするプロジェクト『天然文庫の100冊』シリーズからの書籍リリースなど、活動の幅を広げ続けている。

世界から認められた快快が次に目指すのは、どういった表現なのか。演劇界隈を飛び越えたその今後の活動に、期待が高まっている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送