特集 PR

篠田千明(快快)× 喪服ちゃん(モエ・ジャパン社長)対談

篠田千明(快快)× 喪服ちゃん(モエ・ジャパン社長)対談

インタビュー・テキスト
土佐有明
撮影:小林宏彰

快快の最新作『SHIBAHAMA』は、『芝浜』という古典落語を我流に解釈し、狂騒のアミューズメント・パークを芸術劇場に出現させている。その演出を手掛けた篠田千明が今回、対談相手に指名したのは、飲食店とライヴハウスが一体となったアキバの萌えビル、ディアステージを運営する女社長、喪服ちゃん。
元々は東京芸大で音楽を学び、現代美術のギャラリーで働いていたという喪服ちゃんは、日本オリジナルの音楽を追い求めるうちに秋葉原の電波ソングと出会い、秋葉原に通うようになる。現在は株式会社モエ・ジャパン代表取締役社長として、数々の地下アイドルやヒットCDを世に送り出すほか、秋葉原のディアステージに加え、DJバー・MOGRAの経営にも乗り出している。学園祭のような祝祭が夜毎繰り広げられるディアステージやMOGRAも、飲めや騒げやのどんちゃん騒ぎを作品に昇華させた『SHIBAHAMA』も、観客を巻き込んでライヴ感溢れる現場を作り出している、という意味で目指すところは似ているはず。

(インタビュー・テキスト:土佐有明 撮影:小林宏彰)

『芝浜』の世界観を知るために、まず「3日間寝ない」ことにチャレンジした役者がいて(篠田)

─まずは篠田さんのほうから、『SHIBAHAMA』がどんな公演なのか喪服ちゃんに説明してもらいましょうか。最初に創作上のヒントになったのは、大友良英さんの『without records』っていう、ポータブル・レコード・プレイヤーを使ったインスタレーションだったそうですが。

篠田千明(快快)× 喪服ちゃん(モエ・ジャパン社長)対談
篠田千明

篠田:そうなんですよ……、って、実は見てないんですけど(笑)。まあ、見てないんだけど、話を聞いてインスパイアされまして。要するに、舞台上で人が何かを演じるだけじゃなくて、ただ物を動かすとか操作しているところを見せられないかなと思ったんですね。

ただ、それだとお話として理解しにくいから、少しは物語があったほうがいいかなって。しかも、自分たちで書いた新しい話より、古典がいいかもしれないと思って、落語を素材にしようと。けど、今回つくづく実感したんですけど、落語を毎日聞いてると、人間、もんのすごいダメになりますねー。

─なんだそりゃ?(笑)

篠田:いやいや、マジで。

喪服:それが落語に触れてみての結論ですか(笑)。

─確かに落語って、今回の原典になっている『芝浜』に限らず、ダメで間抜けな人がよく出てくるから、それに引きずられるっていうのはありそうだけど……。

篠田:うん。だから、『SHIBAHAMA』を作るにあたって、当時の江戸と今の東京がダブってる部分を知りたくて、街に出てフィールドワークを1週間やったんですよ。いろいろ考えてもしょうがないし、「とりあえずネタ拾ってこい!」みたいな感じで。でもね、その時の快快のメンバーのダメっぷりっといったら、まー、ひどいもんですよ。まず、役者の(山崎)皓司君が、3日間寝ないっていうのにチャレンジして。

喪服:なにソレ? まったく意味、分からないんですけど(笑)。

篠田:いや、『芝浜』には夢の話が出てくるから、ナチュラルにトリップしようっていうことだったと思うんですけど、でも、2日目で寝ちゃったらしくて(笑)。

喪服:ダメじゃん。できてないじゃん(笑)。

日替わりでゲストの人が毎回劇中に入って来たりするんです(篠田)

篠田:私は競馬に行ってみたんですよ。それこそ『芝浜』の話みたいに大金がいきなり儲かったことってないから、馬券が当たった人の反応を見てみたいと思って。でも、せっかくなんで自分も賭けようと思って、『芝浜』にかけて4-8に賭けたら、当たっちゃって!! それで、ちょうど同じ日に、美術の(佐々木)文美ちゃんもフィールドワークでパチンコに行ってたんだけど、彼女も勝っちゃったの。合流して、儲かった金でずーっと爆笑しながら飲んでたんですよ。

喪服:競馬にパチンコって、みんな考えることが一緒じゃないですか(笑)。一獲千金ばっかり狙って。底辺フィールドワーク(笑)。

篠田:底辺劇団ですから(笑)。でも、その体験も今回、劇中にお話として入ってくるんですよ。

─『芝浜』って主人公が偶然拾ったお金で酒飲んでどんちゃん騒ぎするわけですけど、その導入として実体験を織り込んでいる?

篠田:そうそう。今回、最後は一応ちゃんと演劇するんですけど、それ以外は大体そんな感じで、日替わりでゲストの人が毎回劇中に入って来たりするんです。「core of bells」っていうバンドが楽器を一切もたずに参加したりとか、「ウインドアンドウインドウズ」っていうラジオの収録をその場でやったり。借り物競争もあるし、百人斬りのパフォーマンスもあるし、板前さん呼んで実際に魚さばいてもらったりもするし。あと、フルーツ☆パンチっていう芸大生の……。

喪服:ああ、アイドル集団! 知ってますよ。メンバーの渡辺真子ちゃんと、昨日会ったばかり(笑)。かわいいですよね、AKB48の曲で踊ったりして。(喪服ちゃんが経営するDJバーの)MOGRAでもライヴをやってくれてるんですよ。フルーツ☆パンチ出るんだったら、その日に行きたいな。

Page 1
次へ

イベント情報

快快
『SHIBAHAMA』

2010年6月3日(木)〜6月13日(日)計14公演
会場:東京芸術劇場 小ホール1
脚本:北川陽子
演出:篠田千明
出演:

天野史朗、大道寺梨乃、加藤和也、千田英史(Rotten Romance)、中林舞、野上絹代、山崎皓司、北川陽子、篠田千明、佐々木文美、藤谷香子

料金:初日割引 前売・当日2,000円(6月3日のみ)

6月4日〜6月6日 前売3,000円 当日3,300円
6月9日〜6月13日 前売3,500円 当日3,800円

プロフィール

快快

2004年結成、(2008年4月1日に小指値〈koyubichi〉から快快に改名)
メンバー10人+サポートメンバーによる東京のカンパニー。ステージ、ダンスにとどまらず、常にたのしく新しい場を発信。今の複雑さに向かいながらいつのまにか幸福感に満たされてゆく作品性は、たくましい都市と人そのもの。2009サマーツアーでは、代表作『My name is I LOVE YOU』でヨーロッパ各国を巡る。NHKとのコラボドラマから、銭湯イベント、東京/アジアでのパーティオーガナイズ、spectacle in the farmやFestival / Tokyo09秋への参加、NADiff/a/p/a/r/tでの展示、BCCKS「天然文庫の100冊」シリーズからの書籍リリースまで、活動の幅は広がりつづけている。そんなfaifaiについたあだ名は、「Trash&Freshな日本の表現者」。

喪服ちゃん

秋葉原にて萌え系ライブ&バー「ディアステージ」とアニソンDJバー「MOGRA」を運営する、株式会社モエ・ジャパン代表取締役社長。3歳からピアノを始め、国立音楽大学附属音楽高校ピアノ科にてクラシックピアノを学んだ後、東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科にて様々な音楽に触れる。結果、なぜかアニソンに目覚める。その後、ニート期間をはさみつつ数ヶ月ごとに様々な職を転々とする。結果、秋葉原に漂流。アイドルとヲタクに囲まれた楽しい日々を過ごしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」