ニュース

フランソワ・オゾン新作は、カトリーヌ・ドヌーヴ主演のフランス流女性讃歌

フランソワ・オゾン監督の最新作『しあわせの雨傘』(原題『POTICHE』)が、2011年の正月第2弾映画として公開される。

同作の主演を務めるのは、フランス・パリ出身の女優カトリーヌ・ドヌーヴ。オゾンとドヌーヴのタッグは、映画『8人の女たち』以来となる。

ドヌーヴが演じるのは、朝のジョギングを日課とする幸せなブルジョワ妻のスザンヌ・プジョー。彼女の亭主関白な夫・ロバートは、雨傘工場を運営を運営していた。しかし、ロバートが心臓発作で倒れ、スザンヌが雨傘工場を切り盛りすることになったことをきっかけに、彼女の本能が目覚めはじめる。

作品で描かれるのは、1人の主婦が様々な問題を乗り越え、自分の居場所を見つけるという普遍的なテーマ。ドヌーヴが劇中で歌を披露するシーンもあり、コメディタッチでありながらもメロドラマ的要素も持ち合わせた作品に仕上がっている。

先日行なわれた『ベネチア国際映画祭』の会場でオゾン監督は「日本では『シェルブールの雨傘』にかけて、邦題を『しあわせの雨傘』と決めたそうだけど、これを私はとても気に行っている。とてもポエティックで美しいタイトルだと思う。」と邦題についてコメント。

ドヌーヴは「私は自分のことをコメディ女優だとは思っていないけど、コミカルな役を演じるのは大好き!気持ちがいい!劇中で唄うのも、演技とはまた違った面白さがあって楽しい。この作品で劇中で唄うのが最後の機会にならないことを願うわ(笑)」と会場の笑いを誘った。

『しあわせの雨傘』

2011年正月第2弾公開予定
監督:フランソワ・オゾン
キャスト:
カトリーヌ・ドヌーヴ
ジェラール・ドパルデュー
ファブリス・ルキーニ
カリン・ヴィアール
ジュディット・ゴドレーシュ
ジェレミー・レニエ
配給:ギャガ株式会社

(画像:©Mandarin Cinema 2010)

©Mandarin Cinema 2010
©Mandarin Cinema 2010
©Mandarin Cinema 2010
©Mandarin Cinema 2010
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年