ニュース

快快のヨーロッパ凱旋公演に日替わり豪華ゲスト登場、初の京都公演も

東京のパフォーマンスカンパニー「快快」が、2つの作品を立て続けに上演することがわかった。10月27日から神奈川・横浜のSTスポットでヨーロッパツアー凱旋公演『アントン、猫、クリ』をリマスター上演し、11月には京都・アトリエ劇研で公演『Y時のはなし』を行う。

『アントン、猫、クリ』は、2009年に行われた演出家6名による連続上演企画『キレなかった14才♥りたーんず』で上演された、アパートに住みついた野良猫を中心にアパート界隈半径50メートルの景色を描いた作品。今回の公演では、本篇の上演とコメンタリーやレクチャー付き本編上演、アフターパーティーの3部構成でじっくりと快快の世界観を堪能することができる。上演日によって日替わりで豪華ゲストを招く点も見逃せないだろう。

『Y時のはなし』は今年3月に東京・原宿のVACANTでも上演された学童保育が舞台のファンタジック・メロドラマ。今回の公演は国際舞台芸術フェスティバル『京都国際舞台芸術祭2010』の一環として上演される。野田秀樹からも「本来翻訳不能な「かわいさ」とか「ゆるさ」、すなわち「かわゆるさ」?という日本語でしか説明のつかないモノを抱え持った演劇集団」と評される同劇団の京都初進出作品だ。

なお、『Y時のはなし』のVACANT公演を収めたDVD作品がHEADZから発売中。東京公演を見逃した人や京都まで足を運べない人はこちらをチェックして欲しい。

快快
『アントン、猫、クリ』

2010年10月27日(水)~10月31日(日)
会場:神奈川 横浜 STスポット

作・演出 : 篠田千明
出演:
野上絹代
山崎皓司
千田英史
光瀬指絵

料金:前売2,500円 当日2,800円(全席自由)

『アフターコメンタリー』

10月27日(水)19:00~
出演:
神里雄大(岡崎藝術座 主宰・劇作家・作家)
ベクトルズ(大谷能生、木村覚、佐々木敦)

10月28日(木)19:00~
出演:
小沢剛(アーティスト)
安野太郎(音楽家)

10月29日(金)19:00~
出演:
桜井圭介(コンポーザー・ダンス批評)
藤城里香(無人島プロダクション 代表)
藤原撤平(建築家)

10月30日(土)14:00~
出演:
カワムラアツノリ(振付家・ダンサー)
中村真生(俳優・青年団)
野村政之(こまばアゴラ劇場・青年団制作)

10月30日(土)19:00~
出演:
五所純子(文筆業)
毛利悠子(アーティスト)
吉田アミ(前衛家・文筆家・音楽家)

10月31日(日)16:00~
出演:
スプツニ子(アーティスト)
喪服ちゃん(モエ・ジャパン社長)

快快
KYOTO EXPERIMENT フリンジ【HAPPLAY♥】『Y時のはなし』

2010年11月5日(金)~11月7日(日)計5公演
会場:京都府 アトリエ劇研
作:北川陽子
演出:篠田千明
出演:
中林舞
山崎皓司
竹田靖
天野史朗

料金:前売2,000円 当日2,500円

快快
『Y時のはなし』(DVD)

2010年9月15日発売
価格:2,100円(税込)
HEADZ 141 / play 1

amazonで購入する

(画像上:快快、画像中:快快『アントン、猫、クリ』フライヤー、画像下:快快『Y時のはなし』京都公演フライヤー)

快快
快快
快快『アントン、猫、クリ』フライヤー
快快『アントン、猫、クリ』フライヤー
快快『Y時のはなし』京都公演フライヤー
快快『Y時のはなし』京都公演フライヤー
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年